<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

卒業証書授与式&冷たい白ワイン(2012/03/20)

2011年度ゼミ生も卒業していきました。
ジャンバーくんとIsoaiくんは欠席。

d0016644_14522014.jpg


More
[PR]
by mewspap | 2012-03-20 15:12 | 2011年度ゼミ

なつみん

Little Miss Sunshineにおける変化と絆――フーヴァー家の再生――

【目次】
序論
第一章 家族を導くもの
 第一節 オリーヴの夢
 第二節 オリーヴ
 第三節 グランパ
 第四節 シェリル
 第五節 旅の手段
第二章 変化を遂げるもの
 第一節 フランク
 第二節 リチャード
 第三節 ドゥエイン
結論

参考文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 17:10 | 2011年度卒論

HeeHee

ジェームズ・キャメロンの『アバター』における様々な力関係
――知能、社会的構造、個人的身体能力、組織的戦闘能力の観点から――


【目次】
序論
第一章 知能と社会
 第一節 知能と武力
 第二節 知能と無知
第二章 アバターにおける社会的構造
 第一節 人間社会とナヴィ社会の違い
 第二節 社会的地位が与える影響
第三章 武力による社会的役割について
 第一節 身体能力に伴うジェイクの変化
 第二節 組織的な武力
結論

引証文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 17:03 | 2011年度卒論

milktea

『アンドリューNDR114』における人間性の考察――発達心理学の観点から――

【目次】
序論
第一章 アンドリューの成長
 第一節 ロボットが初めから獲得している課題
 第二節 ロボットが獲得してはならない課題
第二章 周囲の人物の影響
 第一節 父
 第二節 恋人
結論

参考文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 17:03 | 2011年度卒論

純情もらる

The Truman Show について――世界に表れる乖離とトゥルーマンの変化を中心に――

【目次】
序論
第一章 落差と乖離
 第一節 トゥルーマンと家族や友人の乖離
 第二節 シルヴィアとクリストフの対立
 第三節 視聴者の無知
第二章 トゥルーマンの変化
 第一節 疑問を抱く前
 第二節 きっかけ
 第三節 疑問を抱いた後
第三章 現実の世界と理想の世界
 第一節 旧きよきアメリカ
 第二節 ユートピアとディストピア
結論

参考文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 17:02 | 2011年度卒論

なぎみき

Legally Blondeについて――原作と映画版の比較――

【目次】
序論
第一章 人物の描かれ方の違い
 第一節 ブロンド女性の社会的地位
 第二節 Sisterhood―原作のElle
 第三節 自立した女性像―映画版のElle
第二章 勝利――ブロンドの在り方――
 第一節 “true blonde”
 第二節 知的な美女
第三章 恋愛事情の違い
 第一節 エメット
 第二節 ロマンスの導入の有意
結論

[PR]
by mewspap | 2012-03-17 17:01 | 2011年度卒論

kuma

Charlie and the Chocolate Factoryが映し出す社会――アメリカ社会の風刺――

【目次】
序論
第一章 風刺
 第一節 ダールとブラックユーモア
 第二節 社会的背景
第二章 キャラクター描写
 第一節 工場長ウィリー・ウォンカ
 第二節 小さな労働者ウンパ・ルンパ達
 第三節 新たな白人労働者チャーリー・バケット
第三章 風刺の映像化
 第一節 Willy Wonka & the Chocolate Factory
 第二節 Charlie and the Chocolate Factory
結論

参考文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 17:00 | 2011年度卒論

ふじりさ

『12人の怒れる男』における物語構造――正義と悪、全知的視点、観客の代理人――

【目次】
序論
第一章 物語の構造
 第一節 正義の在り方
 第二節 対立構図
 第三節 全知的視点
第二章 観客の代理人としての2番
 第一節 8番の存在
 第二節 揺らぐ正義
 第三節 2番の存在
結論

引証文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 16:59 | 2011年度卒論

Daniel

悲劇的状況から生まれる喜劇性――チャールズ・チャップリンの『独裁者』を中心に――

【目次】
序論
第一章 コントラスト
 第一節 チャーリーの姿と行動
 第二節 戦争と喜劇
第二章 一人二役
 第一節 ヒンケルの人物像
 第二節 チャーリーの人物像
 第三節 二人のパフォーマンス
第三章 二つの演説
 第一節 ヒンケルの演説
 第二節 チャーリーの演説
第四章倒錯した時代
結論

引証文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 16:58 | 2011年度卒論

ジャンパー

映画『ショーシャンクの空に』に見る社会化――刑務所内の希望――

【目次】
序論
第一章 社会化
 第一節 刑務所の社会化
 第二節 名もなき囚人
 第三節 ブルックスの死
 第四節 刑務所内の希望
第二章 アンディの社会化
 第一節 環境に慣れる
 第二節 自分の居場所
 第三節 計理の腕のよさ
第三章 アンディ・ディフレーン
第一節 生きる原動力
 第二節 洗脳されないアンディ
第四章 希望
 第一節 希望の裏表
 第二節 希望のパワー
結論

参考文献
[PR]
by mewspap | 2012-03-17 16:58 | 2011年度卒論