<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

研究計画(ゆり)

投稿が遅れてしまい申し訳ございません。

ディズニー映画『魔法にかけられて』を題材に研究していく予定です。
この作品は実写とアニメーションを織り交ぜた新しい形のものとなっています。

これまでのプリンセス映画では王子様の印象はほとんどありませんが、この作品では王子様のキャラクター設定がこれまでと違うため王子様だけを観ても楽しめるものになっています。

まだどういった観点で研究を進めていくのかがハッキリしていないので、この作品も含めディズニー映画をいくつか観比べてみたいと考えています。
今日はシンデレラを観てみます。
[PR]
by mewspap | 2010-05-30 10:31

研究計画について(TSUMO)

投稿が遅くなってしまい、すみません。

私は当初から考えていた「スリーピング・ホロウ」を題材にしたいと考えています。
今は原作を読み返しています。
就活のため、他の人より進行が遅くなってしまう部分もありますが、何とかこの作品について研究したいです。
今ある考えとしましては、やはり映画と原作の比較です。
映画の方を主軸において、何故監督が大幅に脚本を変えたのか、その意図やメッセージを探るつもりです。
[PR]
by mewspap | 2010-05-12 15:17 | 2010年度ゼミ

世界を作る人(大人)、世界の裏をかく人(子ども)、それを俯瞰する人を見返す人(秘密の共有者)

朝、電車のなかで新聞を拡げたら、こんなんがあった。
『朝日新聞 be on Saturday』(2010年5月8日)の第1面。
経済産業省の元モーレツ官僚にして現横浜市副市長。男性キャリア官僚で初の育児休暇取得者。
育児支援行政に力を注いでいる。
d0016644_9372299.jpg

キャプションには「放課後の小学校を視察。『えらい人』のオーラはなく、背後に忍び寄る児童が……」とある。
[PR]
by mewspap | 2010-05-11 09:44 | つれづれレヴュー

研究計画について(Degu)

遅れて申し訳ございません。

私は、『Avatar』について研究するつもりです。
開拓を進める人類と、自然を守ろうとするナヴィ族について研究しようと思っています。
『人間と自然は共存できないのか』という課題を元に深く調べます。この課題は、現在の世界各国にも共通して言えることなので、現在と照らし合わせながら研究していきます。

そして、主人公のジェイク・サリーが、最終的に人間を辞めナヴィ族の一員になるシーンに含まれているメッセージを導き出せればと思います。


また、先生が、この手の作品は昔から存在しているとおっしゃっていたのでそれらの作品との比較もしてみたいと思っています。調べたところ、監督のジェームズキャメロンが宮崎駿作品のファンであるため、『もののけ姫』にオマージュを捧げたシーンがあると公言しているとのことなので、それについても研究していきます。
[PR]
by mewspap | 2010-05-11 01:33 | 2010年度ゼミ

研究計画について(shizuka)

題材『ユージュアル・サスペクツ』

この映画を繰り返し何度も見る中で、「なぜ人は目に見えないものを恐れるのか」という心理について疑問を感じました。

映画の中の黒幕、カイザー・ソゼは本当に実在するのか。
それとも、単にヴァーバルによって巧みに創り上げられた架空の人物に過ぎないのか。

5人の主要人物が供述する「カイザー・ソゼ」の情報について詳しく分析することから取り組みたいと思います。


また、黒澤明監督の『羅生門』を見て、映画に対する視野を広げたいと思います。(まだ見ていない。)
[PR]
by mewspap | 2010-05-09 23:35 | 2010年度ゼミ

研究計画について(はるなし)

投稿が遅れてしまい、申し訳ありません。
四月末日ぶんの投稿です。

私は、1994年制作の『Leon The Professional』を題材に研究していこうと考えています。
殺し屋で非常な心を持った主人公レオンが、少女マチルダとの交流を通してどのように変わっていくか、ということをレオンの行動や言動などから読み解き、また麻薬捜査官スタンスフィールドの役割を正義と悪の相対化の観点から読み解いていきたいと考えています。

また、この映画には頻出する小道具(鉢植え、ミルクなど)がいくつか出てくるので、それらになにか意味があるのかどうかということも、これから調べていけたらいいなと考えています。
[PR]
by mewspap | 2010-05-05 21:34 | 2010年度ゼミ

研究計画について(ゆであずき)

投稿が遅くなってしまい、すみません。

私は引き続き「きみがぼくを見つけた日」を題材に研究を進めたいと考えています。

今は原書("The Time Trabeler's Wife", Audrey Niffenegger, vintage books, 2004)の
翻訳本を読み進めています。原書も手に入れたので併せて読んでいこうと思っています。

映画では表現されていなかった主人公のヘンリーがタイムトラベラーになった経緯や

自分の意思に関係なく現在と過去を行き交う中で
登場人物の揺れ動く心情に着目したいと現時点では思っています。

またどのような時にタイムトラベルが起こるのであろうか
主人公のヘンリーが将来的に奥さんになるクレアの少女時代に姿を現す際に
なぜ衣服を身につけていないのか、

些細な疑問点を自分で見つけながらも
映画では表現しきれていない面白さを追求したいなと考えています。
[PR]
by mewspap | 2010-05-04 21:39 | 2010年度ゼミ

4月6日と28日の写真

個研DVDコレクションに以下を新たに加えました。
スリーピー・ホロウ
きみがぼくを見つけた日
ユージュアル・サスペクツ
モンスターズ・インク
ティファニーで朝食を<アニバーサリー・エディション>
ジミ・ヘンドリックス ライヴ・アット・ウッドストック


More
[PR]
by mewspap | 2010-05-02 12:36 | 2010年度ゼミ