<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

卒業論文 序論(hyde)

                           序論

 アメリカ人にとって「パールハーバー」という言葉は特別な意味を持つ。この言葉の背景にある歴史観、意味は個人により様々であるが、2001年9月11日に起こるアメリカ同時多発テロの際、大統領ジョージ・W・ブッシュは彼の演説の中に「パールハーバー」という言葉を用いて多くのアメリカ国民から戦争を行うことの賛同を得た。このように「パールハーバー」という言葉には「最終的な勝利」という、アメリカ人が共通して持つ含蓄された意味があり、またこの言葉をイコンとしていることがうかがえる。
 イコンとしてアメリカ人の中に生き続ける「パールハーバー」を映画化したともいえる作品が同年の12月7日、ちょうど旧日本軍による真珠湾攻撃から60周年にあたる日に公開された。それが映画『パールハーバー』(Peal Harbor、2001)である。
 この映画は勇気あるアメリカ軍人たちによる戦いの始まりを描いた作品であり、ヒロイックに描かれる各登場人物からは国家への忠誠や友情、アメリカン・ヒーローの持つべき恋愛や結婚に対する価値観がうかがえる。そして物語後半は、アメリカは奇襲される前までは油断していたとし、「最終的な勝利」に向け登場人物達が目覚める様子が描かれている。
 本論では各登場人物の示す友情、国家への忠誠や使命感などアメリカン・ヒーローの持つべきエートスをセリフや行動から個別に考察する。また作中に描かれる恋愛観からもヒーロー的要素を探る。そして本作の日本領土へ攻撃を仕掛ける最終シーンからはジョージ・W・ブッシュ大統領やフランクリン・ルーズベルト大統領の演説から読み取れ、またアメリカ人が、「パールハーバー」という言葉から連想する、「最終的な勝利」の描かれ方を考察する
 第一章では、日本軍の奇襲を受ける前から奇襲を受けているシーンに現れている各登場人物の示すアメリカン・ヒーローとしてのエートスつまり国家への忠誠や友情といった称賛すべき気風や精神を行動や台詞から読み解き論じる。
 第二章では本作中の多くの時間を割いて描かれる恋愛シーンから、アメリカン・ヒーローとして順守すべき恋愛や結婚に対する伝統的価値観を考察し論じる。
 第三章では日本の奇襲を受けたあとの各登場人物から読み取れる、日本による奇襲攻撃から「最終的な勝利」へ目覚める様子を、行動や台詞から論じる。
[PR]
by mewspap | 2008-11-30 20:27

研究ノート⑧ 序論 (えりんこ)

                            序論

 『フォレスト・ガンプ 一期一会』(Forrest Gump, 1994)は、1950年代から1980年代に至るアメリカが舞台である。主人公フォレスト(Forrest Gump)は知能指数が通常より劣るがゆえに無垢な精神をもち、年齢、人種、性別、社会的立場も様々な人物と激動の時代を背景に、彼は思うがまま自分の人生を歩んでいく。登場人物との関わりで初めての喪失感や幸福感を体験し、子供から大人へと時は経つが、現在を生きるフォレストも無垢なまま変わりはないことを強調している物語である。
 フォレストは、幼馴染の愛するジェニーのもとへ向かうためにバスを待っている。これは現在であり、ベンチに座ったまま、同じようにバスを待つ見知らぬ人に話しかけ、自分の過去を語り始める。この時から観客は彼の回想を追体験することになる。
 彼の人生の大きな出来事は、大学でのアメリカンフットボールの試合、卒業後の進路として提案されたベトナムでの軍隊生活、ピンポン外交、ジェニーのいなくなった喪失感から走り出したアメリカ横断である。これらは、アメリカの歴史的事件と彼なりの単純な解釈を交えつつ語られるが、このような経験をしてもフォレストの心はいつまでも無垢であり少しも変わらない。やがては愛するジェニーと結ばれ二人の間に子供が生まれたことにより、フォレストは未来そのものを手に入れる。しかし束の間の幸せは長くは続かず、ジェニーは病死してしまう。現在を生きるフォレストは、ジェニーの死、子供の誕生を機に、自分が過去と現在の間に不安と期待を抱いていることに気が付き、ここで初めて彼にとって時間が誕生するのである。本論では、フォレストに初めて時間が誕生する過程を、語ることや走ることなどフォレスト独特の特徴と、ジェニーをはじめとする登場人物の生死がもたらした影響を論じる。
 第一章では、歩くこともままならなかった主人公フォレストが、足の矯正器をつけることで歩くことができるようになり、さらには、走ることができるようになるきっかけや、人一倍速い走りで活躍したことやフォレストが他の人物のどのような影響を与えるかということを論じる。また、物語のすべてであるフォレストの語りについてを論じる。
 第二章では、親友ババ、母親、ジェニーの死からフォレストが初めて経験する喪失感や、フォレストと三人に共通する“home”について論じる。
 第三章では、失うばかりではなく、未来そのものを得る子供の誕生も経験する。そこでフォレストの依存の対象が、母親やジェニーから子供へと変わり、時間の誕生へと導くきっかけを論じる。
[PR]
by mewspap | 2008-11-30 00:05 | 2008年度ゼミ

卒業論文 序論(うめ)

 こんばんは!!
25日のゼミは試合のため出席することができませんでした・・・。本当にすいません。
しかーし!!4年間の集大成ともいうべき団体戦の試合だったのですが、結果は優勝ー!!!
なんとも有終の美を飾ることができ、とても幸せです。
まだ引退ではないので、いつものようにジャージでゼミに参加することもありますが、みなさん暖かい目で見守ってくださいね(笑)。

ってことで、序論を紹介します。


                               序論

 登場人物の手紙を連ねることによってストーリーを展開する小説形式を「書簡体小説」(epistolary novel)という。書簡体小説は18世紀からフランスなどで盛んになり、よく知られたものにゲーテの「若きウェルテルの悩み」(1774)やラクロの「危険な関係」(1782)、そして日本でも太宰治の「トカトントン」(1947)などがある。
 本論文では、登場人物が書いた手紙を中心にストーリーが展開していく映画を「書簡体映画」と考え、作品中における手紙の役割を考える。言うまでもなく、手紙は書き手と特定の読み手の間にある空間的な距離を埋める手段として使われる。興味深いのは、書簡体映画においては、手紙を書いている時点と手紙を受け取って読んでいる時点で二者の間に時間のずれが生じ、その時間的な距離を埋める手段として使われている点である。
 第一章では、書簡体映画の出発点とも考えられる古典ハリウッド映画『忘れじの面影』(Letter From An Unknown Woman, 1947)について、手紙の役割について論じる。
 第二章では、近年のアメリカ映画である『イルマーレ』(The Lake House, 2005)や『硫黄島からの手紙』(Letters from Iwo Jima, 2006) 、そして邦画『ニライカナイからの手紙』(2005)について、手紙の使われ方について比較研究を行う。
 第三章では、登場人物が書いた日記を中心にストーリーが展開していく日記体映画である『きみに読む物語』(The Notebook, 2004)や、登場人物の語りでストーリーが展開していく『タイタニック』(Titanic, 1997)について、書簡体映画との違いについて考察する。


以上です。
[PR]
by mewspap | 2008-11-29 22:35 | 2008年度ゼミ

研究ノート10 (エミ)

火曜日は一番最後に遅ればせながらゼミに行かせていただきました。「どういう意味があって、どうしてこの文章を書いているのか・・」など、大切なことを思い出させて頂き、最初からちゃんと見直し、訂正していきました!!そしてもっと自分の論文を愛してあげようと思いました☆来週は旅行の為お休みしなくてはならないので、今日は図書館に22時まで粘りに粘り、頑張りました~!! まだまだ悪文ではありますが、今のところの序論は次のようになりました。

                           序論

 黒人小説家リチャード・ライト(Richard Wright, 1908‐1960)が書いた『アメリカの息子』(Native Son)は、1940年に発表された小説である。
 小説は三部構成となっており、それぞれのセクションは”Fear”,”Flight”,”Fate”とFで始まる表題が付けられている。『アメリカの息子』をひと口でいうならば、主人公ビッガー・トマスという黒人青年の行動をドキュメンタリー風に追い、アメリカにおいて生活する黒人の運命を暴いたのであるが、それとともに、社会の外にあるもの、すなわちアウトサイダーの心理を追ったという点で、社会小説とも心理小説ともいえる。恐怖・憎悪・恥辱という心理をアメリカ社会と結びつけて、黒人というアウトサイダーを選び出して追求したものである。また、この小説は著者ライトとビッガーとの共通点が多数あり、ライトの経験を基にしながら書かれているところが多数ある。
 著者であるライトは人種問題、階級闘争といった社会問題もさることながら、こうした問題が一人の人間の内面に及ぼす心理的な影響を通して、現代人の問題を追及した。
 第一章では、主人公ビッガーの性格描写と、どんなに親切にされても白人を恐怖と憎悪の対象でしか見られないビッガーの持つ白人への偏見や、固定観念を述べる。
 第二章では、殺人を犯してから生き甲斐を得たビッガー、白人弁護士マックスの弁論によって変わる白人への視点、死刑を宣告されてからのビッガーの心理状況を彼の台詞とともに論ずる。
 第三章では、作家リチャード・ライトと、彼の生きた時代を見ていく。また、この小説がただの抗議小説ではないことを検証していく。


以上です。
[PR]
by mewspap | 2008-11-27 15:44 | 2008年度ゼミ

後期研究ノート② (hyde)

皆さんと同じく(?)次の授業までの課題である2000字を執筆中です。
また映画を再生、巻き戻し、一時停止をしまくりながら作中のセリフを原文でノートにまとめているところでもあります。
3時間もある作品なので大変ですけど、引用する時の為、また具体的に書く為、内容の整理になるので頑張ります☆(勿論音声日本語、字幕英語でやってます)
[PR]
by mewspap | 2008-11-15 23:00

研究ノート9 (エミ)

先生はじめ、皆さん火曜日はありがとうございました!!

赤チェック満載だったので、めちゃめちゃ直しました!!論文てホント難しいですね・・・。
また先生には序論と直した第一章お送ります!!そのうち第二章も送ります~☆

皆さんがんばりましょうっ!!涙 
[PR]
by mewspap | 2008-11-12 22:29 | 2008年度ゼミ