<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

研究ノート6(あっち)




白い家の少女みました。

うわぁ!この主役の女の子演技うまいわぁぁ!!!
って思いながら観て、最後の方に「あれ??ジョディ・フォスターは??どこに出てきたの??」と考えて・・・

えっ!!??

この子!!???(゜.゜)ってなりました。笑


あの年ですでにあの演技をしていたのは本当に素晴らしいですね。


リンの「13歳には権利がないの?」「何歳から人間扱い??」などのセリフからは、大人と対等でありたいという気持ちがうかがえます。
最初からすべての大人に反抗しているわけではないけど、大人に対して壁をつくるリンは、普通の子供の知りえないようなことも知っていて、無知ではありません。
純粋であるというイメージもあまりありません。
先生の価値観を押し付けられるだけだから、学校はくだらないと言っていた彼女ですが、私には彼女は父親に価値観を押し付けられているようにみえました。

最後のシーンで自分側のカップに青酸カリを入れていたので、まさか自殺??と思ったのですが、フランクにカップを交換しろと言われるのを見越してのことだったんですよね。
さすがリン。

この作品には、彼女の優しさや弱さを感じるシーンはありましたが、子供らしさを感じられるシーンはなかったです。でも不自然さはなかったんです。

やはり、子供を表現するときに「子供はこうであって欲しい」「子供はこうあるべきだ」という大人の意思が少なからず関係しているのではと考えています。


いまさらなんですけど、自分の感じたことをそのまま文章にするのは難しいですね。
自分のうった文章では伝えきれていないように思います。。。

あと、イノセントではない子供を描いた作品では、その子たちが殺人を犯すことが多いようですね。やっぱり切り離せないもんなんでしょうか。
先生がおっしゃっていたように、子供の悪はみんなホラーで表現されているのでしょうか。

だとしたら、私には研究しにくいテーマだったのかもしれません(>_<)

今回も、ハレットさんの死体のシーンが頭に残ってしまって、しばらく忘れられそうにありません。。。
[PR]
by mewspap | 2008-07-14 01:20 | 2008年度ゼミ

直近の日程(Mew's Pap)

メールを全員に回しましたが、返信まだの人がいます。日程伝わっているかちょっと不安。

7/12はなし。
7/24ないし7/29の4~5限+打ち上げの都合の返信を待ちます。
[PR]
by mewspap | 2008-07-11 19:16 | 2008年度ゼミ

研究ノート④ (Justice)

オレンジさん?の研究作品だと思うが、『ティファニーで朝食を』を見ました。

監督  ブレイク・エドワーズ
原作  トルーマン・カポーティ

キャスト ホリー・ゴライトリー・・・オードリー・ヘップバーン
      ポール・バージャック・・・ジョージ・ペパード

作品の概要
 ゴライトリーが住んでいるアパートにポール・バージャックという作家が引っ越してくる。ポールは、彼女に電話を借りるために部屋に入る。そこで、彼女から彼女自身の生活のことなどを
聞くうちに興味をもつようになる。ある日、ポールは彼女の夫と出会い、彼女が既婚者であること、本名がルラメーだと知る。夫は、家出をした彼女を連れ戻しに来たのだが、彼女は拒否をする。その後、ゴライトリーとポールの関係は進展していくが、ゴライトリーはホセという金持ちの男と婚約すると言う。しかし、麻薬容疑で彼女は、逮捕されてしまい、ホセとの婚約が解消されてしまう。彼女は、町を離れ南米へ行くとポールに告げるが、ポールの「君は逃げているだけで、どこに行っても君自身がつくった監獄からぬけだせない」という言葉を聞き、思いとどまり二人は結ばれてハッピー・エンドになる。

感想
 もともと、ゴライトリーは、裕福な生活を送っていなかった。田舎なまりのアクセントだったのも直したのもおそらく新たな生活を送るためだろう。お金に対する思いが強いのは、彼女の兄のためだということを知ると優しい人だというのが分かる。この映画と似ている映画を見たことがある。それは、『マイ・フェア・レディ』である。この映画を見てみてはどうでしょうか。この映画も貧しかった女性が田舎なまりのアクセントを直し、世の中において成功を目指すストーリーであるので関係するところもあると思う。やはり、この時代の女性像とか女性が夢見ていたものなどを調べていけば作品への理解が深まるのではないでしょうか。

 ラブストーリー系は、苦手だったのですが、コメディーの部分が随所に見られたので飽きずに見れました。何か役立てばうれしです。
[PR]
by mewspap | 2008-07-11 12:53 | 2008年度ゼミ

研究ノート③ (Silver)

『未来世紀ブラジル』テリー・ギリアム監督

d0016644_11544100.jpg最初に感じたのが1985年公開の作品にもかかわらず2000年代を風刺しているようにしか見えないところ、時代を先見していたかのような内容に驚かされる。多分これは誰もが抱く感想であるはず。情報統制、管理社会、爆弾テロ、整形手術etc…。
情報を管理する機関(情報局?)で働く主人公サムは出世を望んではいないが、それなりの生活をしている様子。普段から空を飛ぶ戦士の夢を見ている。ある日仕事先の事後処理で訪れた先で偶然出会ったジルが夢の中に出てくる女性とそっくりであった。彼は彼女の素性を知るために一度は断ったコネを使って昇進する。何とかしてジルに接触するが彼女は情報局による誤認逮捕に対して抗議活動を行っており、ひどい扱いを受ける…。
この作品の時代はレストランで注文するのも番号を言えと強要され、出てくる料理は恐らくその料理の味がするアイスクリーム状のものである。なにをするにも書類が必要で、主人公はそんな世界にうんざりしている。母親やその友人たち、働く人々など他の登場人物はなにかがちょっとおかしい(しかし彼らは結構人生を楽しくやっているように見える)。主人公はやはり現実から逃れたくて夢を見たのか、夢に出てくる女性に似たジルを見つけると今までの彼が嘘のように生き生きとした行動を取るようになった。しかし彼の暴走は彼の身を破滅させる。終盤危機から脱し、無事ジルと結ばれたかに見えたがそれらは全てサムが見た夢であった。

前々回のゼミにて先生に言われたとおり、夢または夢オチという手法に注目してみたのですが今回薦められたこの作品はもろに夢オチでした。見ている自分も主人公が絶体絶命のピンチになった終盤、あの人(デニーロ)が助けに来てくれる!!と思っていたらその通りの展開になりこのまま終わるかと思いきや、そんな甘い作品ではありませんでした。現実はそんなにうまくいきませんというか…。
この終わり方だと映画の世界の中での話は主人公が情報局に捕まって尋問が開始された時点でもう終わっていたと考えていいのでしょうか。観客が見せられたものは主人公の頭の中の世界のハッピーエンド。これは映画作品なので現実というのもおかしいし、映画というもの自体が夢みたいなものだと思うのですが、現実は発狂?していてバッドエンド。この場合ラストはどれであると解釈してよいのでしょうか。一応主人公は幸せな夢のラストを見ることができたようですが。
パッケージだけは見たことあったのですが、まさかこんな映画だったとは…。

もうひとつの『ステイ』の方は見つからなかったのでまだ見ていませんので、誰が買ったのか分からないのになぜか家にある謎のDVD『マトリックス』について書きたかったのですが、現在は父の単身赴任先である札幌にあることが発覚(この時点ですでにこの世はマトリックスなのではないかと思えてきますね)。多分主人公を裏切る男が、見返りとしていい夢(マトリックスの世界でのいい暮らし)を望んでいたはず。『25時』にも現れる「夢」について追いかけてみようと考えています。
[PR]
by mewspap | 2008-07-11 01:26 | 2008年度ゼミ

研究ノート⑤(みきてぃ)

d0016644_24975.jpg

作品の基本データをアップするのすっかり遅くなってしまいました;

Pirates of the Caribbean―the Curse of the Black Pearl―
2003年
監督   :ゴア・ヴァービンスキー
製作   :ジェリー・ブラッカイマー
共同脚本:テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、ジェイ・ウォルパート、スチュアート・ビーティー
撮影監督:ダリウス・ウォルスキー

〈主な登場人物〉
■ジョニー・デップ:ジャック・スパロウ
元ブラックパール号の船長。からかっているのか本気なのか分からない人を食った態度の男。とぼけているがやるときはやるのが特徴で、流血とは縁のない正統派の海賊であることを誇りにしている。以前、反乱を起こしたバルボッサたちによって孤島に置きざりにされたことを恨み、彼への復讐を誓っている。

■ジェフリー・ラッシュ:ヘクター・バルボッサ
現ブラックパール号の船長で、かつてはジャックの下で一等航海士として働いていたが、船を乗っ取った。アステカの金貨を湯水のごとく使ったが、その金貨によって呪われてしまう。その呪いを解くためにアステカの金貨を集めている。

■オーランド・ブルーム:ウィリアム・ターナー・ジュニア
鍛冶屋の徒弟。幼い頃、漂流していたところをエリザベスに発見され救助された。それ以来幼馴染のエリザベスを愛しているが身分の違いのため自分で恋心を抑えている。またその時父親から送られたアステカの金貨を胸につけていた。

■キーラ・ナイトレイ:エリザベス・スワン
ウェザビー・スワン総督の一人娘。ウィルが持っていた「海賊の証」であるアステカ金貨を彼女が所有している。ウィルを愛しているが、身分の違いを気にしているウィルにやきもきしている。貴族の令嬢とは思えない、大胆で強気、行動的な女性。

〈あらすじ〉
ある日カリブ海の港町ポートロイヤルはバルボッサ率いる海賊に襲われる。狙いはエリザベスが持つ黄金のメダル。バルボッサらはアステカの金貨を盗み、使ってしまったため、欲望は満たされない、しかし死ぬこともできない恐ろしい呪いにかかっていた。その呪いを解くため、メダルを全て集めていたのだ。その最後の1枚がエリザベスの持つメダルであった。それと彼女の生き血があれば、バルボッサらは不死身の呪いを解かれる。そこでバルボッサは、ウィルがひそかに愛するエリザベスをさらってしまう。ウィルは彼女を助けるため、ジャック・スパロウはブラックパール号を取り戻すため、二人が手を組み、バルボッサに立ち向かっていく。


『プラダを着た悪魔』見ました!!とってもおもしろい映画でした☆彡
レビューまた書きます・・・。

もう7月になってしまいましたが、卒論進まず・・・。
また図書館に行って本を2冊借りてみました。が、読んでません(*´ェ`*)
とりあえずゼミは行きまぁす♪♪
[PR]
by mewspap | 2008-07-08 01:17 | 2008年度ゼミ

シンデレラマン(なっつん)

しっぽさんのシンデレラマン見ましたので、レヴューを。

多少の脚色はあるとは思いますが、これが実話ってすごいですよね。

アメリカンドリームものですね。

私が気になったのは、映画の中で随所に描かれていた、1930年頃のアメリカでの生活。1930年頃といえば、大恐慌の時代で、失業者が1500万人に達するほど、苦しい生活をしている人々がたくさんいた。
日雇いで雇われる人々の扱いはひどい。日雇いで雇ってもらうために、集まる人々は大勢いるのに、1日に雇ってもらえるのは5人とか。
特典映像で、カットされたものの中にも、炭鉱、港(積荷)で働くジムや、求職者が銃を持っていて、暴れるシーン、配給食をもらっているシーン、ジムがシューズを売る(ボクシングをやめると同等の行為)など、当時の貧しい人々の生活を描くということは、この時代の物語を語る上ではなくてはならないことで、監督も気にして撮っていたのだろう。

最初の方で流れていた音楽は、大恐慌時代の貧しい人々の生活や気持ち(?)をうたっていた。

途中、貧しい家庭の子どもと裕福な家庭の子どもが続けて移ったシーンは、その当時の貧富の差を感じた。無垢な子供で対比されていたから、よけいにその貧富の差を感じた。

主人公のジムも、ボクサーだけれど全盛期を過ぎていて、日雇いの仕事をしながらなんとか生活しようとするが、生活は貧しく、食べ物も買えない、挙句の果てに電気も止められてしまう。
でも、子どもを他に預けることもしたくない。しかし、骨折していてろくに働けない。結局、元の雇い主の元へ行き、なんとかお金をカンパしてもらう。
その姿は、かつてボクサーとして華やかな経歴を持つジムやらすれば屈辱的なこと。


途中ででてきた“フーヴァー村”というのは、どういったコミュニティなのだろうか。
治安が悪く、暴動を起こすような人たちが集まっているという感じがしたが。
この村の名前、フーヴァーは大統領の名前からとったものだろう。
フーヴァーが大統領就任直後に大恐慌が発生して、経済回復対策に十分な成果のないまま彼は退任。そのあとのルーズベルトがニューディール政策で大恐慌に対処。(すみません、浅い知識ですが。。)
フーヴァーのせいでできた村ということだろうか。

特典映像のカットされたシーンの中に、ルーズベルトの演説がでてくるシーンもあった。
やはり、フーヴァー、ルーズベルトは大恐慌を説明するにはなくてはならない人物なのだろう。





しっぽさん、えりんこさん、意見ありがとうございます!!参考にさせていただきます!!
[PR]
by mewspap | 2008-07-07 22:21 | 2008年度ゼミ

研究ノート5(あっち)

悪い種子みました。
DVDのデザインがなんとなく怖そうだったので、借りてから数日間みるのをためらっていましたが、実際みてみると殺人のシーンなどはなく、とても観やすかったです:-)
はやく観ればよかったです。笑

8歳のローダが次々と自分の欲望を満たすために人を殺していくというストーリーで、子供の残虐な一面が描かれていました。

おおまかなあらすじを書いておきます。
書き方の大会(スペリングを競うのでしょうか?)で、ローダは同級生の男の子のクロードに負けてしまい、クロードが一等賞のメダルをもらいます。
自分の方がクロードよりうまく出来たと言い張るローダは、自分にメダルを渡すように、彼を執拗に追い回します。
遠足の日、クロードを桟橋まで追いつめたローダは、彼を自分の靴(かかとにタップダンスのための金属がついている)で何度も殴り、海へ落としてしまいます。必死に桟橋にしがみつき、あがってこようとする彼の手の甲をさらに叩き、結局クロードは水死します。
娘の宝物箱から、クロードのメダルを見つけた母親のクリスティーンは、娘が殺人を犯したのかもしれないと考え始めます。
それからも、過去に階上に住んでいたおばあさんが亡くなったのにもローダが関係していたことがわかったり、使用人のリロイに犯行に靴を使ったことがバレたので口封じのために焼き殺したりと、ローダの残虐性が明らかになります。
また、クリスティーンは実は拾われた子で、本当の母親は殺人鬼だったことが分かり、悪を悪だと思わない、悪い種子(BAD SEED)が自分の娘であるローダにも受け継がれていて、そのせいでローダが殺人を繰り返しているのかもしれないと思いつめ、ローダに致死量の睡眠薬を飲ませ、自分は拳銃自殺をはかります。
ですが失敗し、ローダもクリスティーンも命を取り留めます。
ぴんぴんしているローダは雷雨の夜にベッドを抜け出し、事件のあった桟橋まで行って、クリスティーンが証拠隠滅のために投げ捨てたメダルを探しているときに雷に打たれて、物語は終わります。


ただメダルが欲しいというそれだけの理由で、殺人を犯してしまうローダは、とても単純で自分の欲望に素直で、ある意味子供らしいとも感じました。
作品のなかでローダがピアノを弾いているシーンが多く出てきます。
最初はたどたどしい感じですが、だんだんうまくなってきてスピードも増していきます。
これはローダの中の残虐な一面がどんどん広がっていって殺人も簡単にできるようになっていったことを表現しているのではないでしょうか。

大人に抱きしめられているときのローダの表情にはなにか不気味なものがあり、素直でお行儀のいい子供を演じているようでした。

最後は管理人のモニカを殺してコマドリを手にいれようとするのかな?と思って観ていたのですが、桟橋にメダルを探しに行ったので、そんなにメダルが欲しかったのか!!とびっくりしました。
[PR]
by mewspap | 2008-07-06 18:15 | 2008年度ゼミ

研究ノート⑥(えりんこ)

o( ̄ ̄ ̄ ̄_ ̄ ̄ ̄ ̄iA 汗たら~

本当に暑いっすぅ。。。みなさま元気ですか?

さてさて
『スタンド・バイ・ミー』を観ました。
まさに子供の思春期を描いた作品です。
しかも平凡な家庭に育った子供ではなく、何かしら誰かのせいで悩みのある子供たち。
バーンは兄が不良の仲間だというだけで彼自身は特になにも悩みがなさそう?!
ゴーディーはクリスのことを、自分の父親もしくは兄の変わりだと心を許しているかのように甘えていました。
甘えというものは女の子同士でしか成り立たないものだと思っていましたが、見事に裏切られました。
また作品のなかに女の子が出てきません。
なぜ登場させなかったのでしょうか。
思春期を描いたと述べましたが、異性を気にするよりも自分自身の成長を優先した年頃を描いているのでしょうか。


エミさん!遅くなりましたが、素晴らしいご意見ありがとうございます!(^^)!
読ませていただき、エミさんのおっしゃられていた「ダン中尉の足に気をつけろといっていたのに、自分が両足を失ってしまう」ということが面白い視点だなと思いました。
さっそく先週のゼミで先生にもこのことを話すと、「それが足ではなく、手だったら?」という考えもできると意見をいただきました。
外から外から攻めてみると、足にこだわった理由や走るシーンがなぜ必要だったのか?なぜ入れたのか?という私の大きな課題のヒントになるかもしれません。
また、最後のリトル・フォレストをスクールバスにお見送りしたあとのフォレストのどこか悲しげな表情は、大きな2つの愛を失ったから母性をも失ってしまったと考えても良いのでしょうか?!
色々なヒントを得ました!本当にありがとうございました!!

最後に死刑についてですが、私は悪いことをした人にとっての当然の罰だと思います。
牢獄で死ぬまで生き続けることもとっても辛いと思います。
しかし死刑という命令が下されてから実行されるまでの恐怖感が募る時間が、反省するための(自分を見つめなおす為の)絶好の機会だと思うからです。
また何か思いついたらアップしますね☆
[PR]
by mewspap | 2008-07-06 00:30 | 2008年度ゼミ

研究ノート7  (エミ)

とうとう7月になり、暑さもピークですね。皆さん熱中症には気をつけてください!!
Silverさん!! 『ネイティブサン』のレビュー、ありがとうございました!!
私もSilverさん同様、最初は黒人にも人種差別することなく優しく接してくれる白人たちに疑いの目で見ていました。 また、あんな優しくしてくれているのにずっと冷たいままのビガーを不思議にも思っていました。でも、ビガーからしたら全員盲目のドールトンさんと同じで、みんな誰も本当の自分のことなんか見えていない=盲目だ、とビガーは思っていたみたいです。どんなに優しくされても、理解しようとされても、壊すことの出来ない厚い壁がなんだか寂しいですよね。。
また、silverさんが「真の意味での黒人の自立を求めた作品」と言ってくれましたが、私もそう思います。 きっとリチャードライトは白人に抗議するだけではなく、黒人にも自立を促したかったんでしょう。 ライトについても調べていたら、何でも白人の言うことを聞いて、いつも白人の顔をうかがっている黒人が嫌い、とも書いてありました。
また、共産主義者についてもSilverさんが書いてくれましたが、40年代は「アカ(共産党員)は何をするか分からない」、と嫌われていた時代です。 でも、実はライトも32年~44年まで党に入っていたんですよ。 党への不満や、期待の裏切りなどが作品に影響されているとも言われています。
テーマについても言ってくれましたね! 人種差別はもちろんですが、貧富の差は黒人の中にも差があったようで、黒人みんなが貧困だったわけではないそうです。それは、ライトの幼少期からの生活が関係しています。 Silverさんが言ってくれた、「死刑廃止がテーマにもなる」というのは思いもつかなかったです。少し考えてみようと思います。ちなみに皆さんは死刑についてどうお考えでしょうか・・??
Silverさん、たくさんのアイディア、ありがとうございました!!!ぜひ、また何か思いついたりなどありましたらご一報を、よろしくお願いします!!

相変わらず引用の繰り返しで、とても不安なエミでした。。
[PR]
by mewspap | 2008-07-04 23:24 | 2008年度ゼミ

レビュー2(あっち)

先週お借りしたタイタニックを観ました。
誰が研究している作品なのかメモするのを忘れてしまい、わからないままです。ごめんなさい。

ローズが彼女の母親に、「私たちが生きていくには、あの人と結婚するほかないのよ!」みたいなことを言われるシーンで、
そんな結婚をしなきゃいけないなんて不公平だと言い返すローズに
「私たちは女なのよ。仕方のないことだわ。それが運命なのよ。」と諭していたのが気になりました。
女性は自分で自分の人生を切り開いていくことができない時代だったのでしょうか。それとも上流社会に生まれた女性は男性に頼って生きていかなくてはならないとされていたのでしょうか。
母親がローズのコルセットをきつく締めていたのは、彼女に人生を縛り付けられているローズを描いているようにもみえました。

ジャックが死に際に言っていたように、温かいベッドのうえで安らかに死を迎えるローズのシーンで、彼女の枕もとには数枚の写真がありました。
ジャックがまだ生きていた時にローズに馬の乗り方を教えてあげると話していましたが、それらの写真の中には、ローズがカウボーイのように海岸をはしっている写真がありました。

それらの描写から、ローズはジャックを失ってからもずっと彼との約束を守り、彼を愛し続けたんだろうと感じました。

あとは100歳を超えているローズおばあちゃんがペディキュアをしていたので少し驚きました。

思いついたことを並べてみただけの読みにくい文章で申し訳ないですm(__)m
[PR]
by mewspap | 2008-07-01 21:39 | 2008年度ゼミ