<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

研究ノート② (はいど)

先生薦められた『トラトラトラ!』をみました。

史実にそった内容だったので『パールハーバー』を見たあとに感じる印象とは全然違いました。

『パールハーバー』は日本のずるさ、東洋にある国の神秘性(?)、もしくは西洋と違った文化を感じさせる箇所が多かったのに対し、『トラトラトラ』は日本側とアメリカ側両方の人間味、例えばアメリカ側を攻撃することに対しての日本側の不安、ハワイまで攻撃してこないでしょ?するなら東南アジアでしょ、というアメリカ側の油断などが多く描かれていた。

先生にお借りしている本、『映画で読み解く「世界の戦争」』の中で、「敵を異物とみなす」ということが述べられていたのですが、パールハーバーにその事が感じられた気がします。

ですが、未だにどのような切り口で卒論を書いていこうか、というのが見つかりません…
[PR]
by mewspap | 2008-05-30 15:38

研究ノート② (のんちゃん)

作品理解のため、台詞を書き出しました。思ってた以上に大変でした…。

今回はエスニシティに関することで整理できたことを挙げます。
トビーはインディアンの血が流れていると信じていて、誇りに思っているということ。
旅中でインディアンのアップリケがついた帽子を見つけて、ブリーに買ってもらうシーンまであります。
しかし、ブリーが実は父親だということを告白した時、トビーはインディアンではなくユダヤ系だと知らされます。後に、ブリーの家を訪れた時にも、ユダヤ系というのは本当なのか確かめています。
他にもインディアンに関するシーンがありました。
旅の途中に出会ったケヴィンというおじさんは、ナバホ族(北米インディアンの一部族)とズーニー族(北米インディアンの一部族)の血筋であるということにわざわざ触れています。
そして、そのおじさんはトビーの顔を見て、チェロキー族(北米インディアンの一部族)の感じがすると言い、トビーがはにかんでいるのも印象的です。
そのおじさんからインディアン(ネイティブアメリカン)の慣わしなども教わっています。
また、トビーは不良ではあるものの、食事の前のお祈りを欠かさないクリスチャンです。

なぜインディアンについてこだわっているのか理解するためにも、ネイティブアメリカンとユダヤ系の歴史を勉強しないといけないですね。
今はまだ、『アメリカ映像文学に見る小数民族』日本マラマッド協会編 しか読んでいないので、もっと知識を増やさないと…。
先生もおっしゃってたように、この映画を扱うには、エスニシティやトランスジェンダーなどなど勉強する内容が盛りだくさんだと分かりました。
[PR]
by mewspap | 2008-05-26 05:22 | 2008年度ゼミ

研究ノート②あっち

子供が出てくる映画を手当たりしだい観てみたというお話を前回のゼミでしましたが、
タイトルを忘れてしまったものもありました。

ひとつ思い出したので、挙げておきます。
「死ぬまでにしたい10のこと」も観ました。
やはり子供がメインではないので
あまり使えない感じでした。

ハックルベリーをツタヤで探したら、取り寄せになると言われ、
さらには2週間かかると言われました。
しかも一度取り寄せを頼むとキャンセルできないそうです。
取り寄せの手続きを完了した後に告げられました。
そんなにかかるなら図書館で探そうと思ったのに・・・

少し悲しくなりました(;_;)
[PR]
by mewspap | 2008-05-25 23:44 | 2008年度ゼミ

研究ノート③ (エミ)

先生、ビデオからDVDへの・・予約、ありがとうございました。  来週火曜の三限DVD-Rをもって参ります。

『アメリカの息子』の原作を読み終わりました。 やはり映画とは違った印象を受けました。。
南北戦争や、共産党についても調べなくてはならないと感じました。

主人公ビガーについて、著者リチャードライトが書いた”How 'Bigger'was born”も早く読み終えたいのですが、英語力のなさが顕著なためなかなか進まず、、、時間がかかりそうです。。涙。。。

雑誌を借りる方法も分かりました。 でも、コピー代や送料がかかるみたいで、大量の雑誌からいいものを選ぶことが難関です。。。涙 

先生からお借りした本も来週持って行きます。 ありがとうございました。
[PR]
by mewspap | 2008-05-22 18:04 | 2008年度ゼミ

研究ノート② (harare)

今は『プラダを着た悪魔』の原作本を読んでます。
上巻の中盤くらいまで読み進めたのですが、以下のような疑問点が浮かびました。
 
 ① アンディのキャラクターが映画と原作で違う
     映画のアンディはいかにも田舎から出てきた純情な感じがあったが、原作ではタバコを吸ったり、マリファナ経験者だったりする。

 ② 登場人物について
     友人の構成が違ったり、映画には出てこないアンディの家族についてが多く語られている。
     これは映画の編集の都合上削られたのか否か。
     また彼らがアンディに与えた影響は映画にも活かされているのか。

 ③ アンディのエミリーに対するファーストインプレッション
     映画では始めからエミリーに良い印象を持っていなかったアンディだが、原作では始めは好印象だった。

 ④ ミランダのアンディに対する呼び方
     映画ではミランダはアシスタントの事を全て「エミリー」と呼んでいて、映画の後半で初めてアンディを「アンドレア」と呼んだ場面が印象的だったが、原作では始めから「アンドレア」と呼んでいる。

 ⑤ ミランダの生い立ちについて
     映画では触れられていないミランダの生い立ちが、原作では書かれていた。
     この生い立ちが、ミランダを男勝りのフェミニストに仕立てたのかどうか。

まだ1/4ほどしか読めていないのですが、それでもこれだけ疑問点が浮かんできたので、原作と映画の比較を取り上げてもおもしろいのかなぁ・・・と考えています。
[PR]
by mewspap | 2008-05-21 13:28 | 2008年度ゼミ

研究ノート③うめ

前回見たところから、最後まで映画を見終えました。

この作品全体を通していえることは、作品の形態が「おばあさんが過去の悲劇を現代の人々に語っている」となっていることで、前回出席したゼミではそこに注目してみてはどうかとアドバイスをいただきました。
もともとのテーマは「恋愛映画における格差」でしたが、こちらのテーマも検討したいと思います。

同じような作品形態をとっているのが記憶にも新しい「きみに読む物語」であります。
みなさんご存知??

私は2年前ぐらいにDVDを借りて一度見たんですけど、もう一回見直すとともに原作を読んでみようと思います。

なんともありがたく両方持ってる方がいらっしゃるのでぜひともお借りしたく思います☆

来週は図書館のガイダンスにいってきます。
みなさんまたね!!
[PR]
by mewspap | 2008-05-18 01:15 | 2008年度ゼミ

研究ノート②(なっつん)

原作(翻訳ですが)を読み、映画からこの作品に入った私は、主人公は語り手であるゴーディでは?と思っていたんですが、原作ではゴーディが語っていたクリスが主人公だったんですね。
先生に、実はゴーディが本当の主人公ではないのかということを論じてみるのもおもしろいのでは?とアドバイスをいただいたので、そういった方向で論じてみるのもいいかなと思っています。

先生が、DVDの特典映像で監督と原作者が対談してるから、見てみたら?とおっしゃっていたので、その映像を見ようかと思っているのですが、私が持っているDVDは特典映像がないので、なんとかしなければと思っているところです。w
卒論の書き方の本も手に入れないと駄目ですね・・・;

あと、図書館の書庫のガイダンスに行ったので、やっと書庫に入れるようになりました。w
[PR]
by mewspap | 2008-05-18 00:55 | 2008年度ゼミ

2007年度ゼミ落ちこぼれ

お久しぶりです。
本日08年5月17日、個研訪問しました。
ちーむあっきー一同がプレゼントしたアルバムを撮影してきました。
あっきーは相変わらずで、HARUもERiもK.Mも相変わらずでした。
本年度ゼミ生に会ってみた-い★
飲みにいきた-い★
いつか企画します。
同窓会もします。
みんなであっきーと杯を交わし
あついトークしましょう。

PS
ちゅ-か。PSって何の略ですかね?
ぱーそなるせばすちゃん?

☆本年度ゼミ生へ☆
学ぶもよし
遊ぶもよし
思い出作ればいーじゃん
たった1年間しかないゼミを満喫してください。
飲んだくれればいーじゃん
大学生活の素敵な思い出の1ぺーじにしてね♪
きっと卒業できたらたくさんの思い出ができているはずでしょう。
論文に行き詰ったら、ひとりで悩まず
あっきーやゼミの仲間と悩みを共有しましょう。
なんたって。
卒論は共著である---!!

文章考えたひと:HARU
文章書いたひと:ERi

機会があればゼミ乱入★

More
[PR]
by mewspap | 2008-05-17 22:11 | Alumni

研究ノート② (Justice)

新たに本を購入してポーの書いた作品を読んでいるところです。

最初の授業で報告した作品以外に読んだものを挙げます。

『告げ口心臓』      
『ウィリアム・ウィルソン』
『ヴァルドマール氏の死の真相』
『赤き死の仮面』 
『アッシャー家の崩壊』

この他にまだ読んでいないものがあるのでそれらをこれから読もうと思います。
また、簡単ではありますが、ポー自身のことについて調べました。

まだ、どういったテーマを研究対象にしようかはっきりと決まっていないので悩んでいます。
[PR]
by mewspap | 2008-05-17 22:06 | 2008年度ゼミ

研究ノート② (はいど)

現在秋元先生からお借りした本二冊を読んでおります。

とにかくアメリカ人の太平洋戦争に対する歴史観なるものをつかむことが大事だと思うので他にも参考となるものを探して読もうと思います。

あと映画を見直したところ、戦闘機に乗っている日本兵が「逃げろー」ってハワイの民間人に警告しているシーンが気になりました。
悪いふうにばかり描かれてる中そこだけ「善」のイメージがあるように、というか人間味のあるふうに感じました。
あと「ぎりぎり合格卒論(?)」を買おうと思います。

つまりはあまり進んでませんw
[PR]
by mewspap | 2008-05-17 20:54 | 2008年度ゼミ