<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

仮スケルトン2(YOKO)

アメリカ映画で見るファッションの役割
―衣服が発するメッセージ―

目次
序章
第一章 ファッションと個人
 第一節 『キューティ・ブロンド』のエル
 第二節 『メリンダとメリンダ』のメリンダ

第二章 ファッションと他者
 第一節 『シーズ・オール・ザット』のレイニー
 第二節 『ステップフォード・ワイフ』のジョアンナ

第三章 ファッションと集団
 第一節 50年代という時代
 第二節 50年代が舞台の現代映画
 第三節 『ステップフォード・ワイフ』のステップフォードの妻たち
結論

参考文献

ちょっと考え直してみました。内容は前回書いたスケルトンと変わりありません。
[PR]
by mewspap | 2006-11-30 18:38 | 2006年度ゼミ

よしなしごとのつぶやき:「夕陽妄語」のつぶやき(Mew's Pap)

日本を代表する国際的知識人、加藤周一が朝日新聞に「夕陽妄語」という時事評論風のコラムを不定期(たぶん)連載してもう何年にもなる。
その犀利で難解(たぶん)な批評言語に恐れをなし、私は敬して遠ざけているのだが(言っていることよくわかんないし)、昨日の「2006年11月」と題されたコラムはたいへん「美しい」ものだった。

加藤はこの11月に日米双方で起こったふたつの出来事、すなわち米国における中間選挙での共和党の大敗、そして日本国における教育基本法改定案の強行採決を「歴史に残る」事件と記す。

9.11以後、日米ともに右寄りの政策をとってきた。しかし、米国が圧倒的な国民的支持のもとにおこなった戦争目的は、「どれも達成されたとはいえない」と加藤は言う。アフガニスタンでビンラディンは見つからず、アル・カイダの組織網も発見されず、イラクで大量破壊兵器も見つからなかった。侵攻した米軍を歓呼の声で迎える者も今やいなくなった。

このたびの中間選挙によって、米国は「悪夢から抜け出」して政策的な転換を見るかもしれないと加藤は記す。「中間選挙の結果は、二一世紀の世界の問題の大部分が武力によっては解決できないという現実を理解させるかもしれない」と。なんとなれば、たとえブッシュ大統領がさんざん濫用してきたとはいえ、「自由」と「民主主義」を国是とするのであるから。選挙による政権交代の能力をもつ国なのであるから。

日本の教育基本法と憲法は不可分の関係にある。なるほど教育基本法の前文には、憲法の理想の実現は「根本において教育の力にまつべきである」と明記されており、「日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示」することが主眼なのだから。したがって教育基本法をあらためることには「『憲法の精神』をあらためることが含意される」のである。

教育基本法改定案の強行採決は、この間の日本における右寄り政策、端的に強硬な右寄り政策をとってきた米国への追随のひとつの達成である。しかし、加藤が記すように中間選挙の結果を受けて米国は「自由」の理念を回復し、「一度振り切った振り子を反対方向へ振り戻すかもしれない」のである。他方、「米国に追随して右に傾いた日本の政治には、そのような復元力がない。右へ傾いたままどこまでも行くか、あるいはさらなる米国追随に徹底して方向を修正するか、ということになろう」と加藤は予言する。

いずれにしても日本の国際的孤立は深まるのみである。そう加藤は記して、最後に次のように付け加える。
 どうすればよいか。「愛国心」は政治的に利用せず、おのずから起こるに任せればよい。
 一八三一年にフランスに亡命したハイネは、「昔ぼくには美しい祖国があった」とうたったことがある。そこには何があったか。高い樫の樹と、やさしいスミレの花があり、信じがたいほど美しいドイツ語があったという詩である。
 われわれも安倍首相と共に「美しい国」をつくろう。信州のカラ松の林と、京都の古い町並みを保存し、人麻呂や芭蕉が残した日本語を美しく磨こう。そのとき愛はおのずから起こるだろう。そして尊大な、誇大妄想的な、殺伐で同時に卑屈なナショナリズムを捨てればよい。そうすれば憲法を改める必要もなくなるだろう。
これはほとんどtruismとも言える常識的でまっとうな理説ではないか。
なんだこの人そんなコワイ人じゃなかったんだ。それどころかたいへん「美しい」文である。「そのとき愛はおのずから起こるだろう」などけだし名文である、つか「とっても綺麗な一文」である。「そうすれば愛国心というものも自然と発現するものなのである」なんてしていないところがよい。

最近読んだ文章のなかでは、枝先にとまった赤とんぼを見て発せられた「きっと昨日の夕焼けの方から飛んできたんだよ」(横浜市 細野勇希・3歳)という言説と十分比肩し得るほど美しい文章である。

え、どこに共通点があるかって?

そりゃ分かりますよね。

尊大な誇大妄想や殺伐であると同時に卑屈なもの。それと対極にあるものにおいて両者は通底している。
愛、ですね。
そしてそれは美しいものだという共通理解が両者にはある。
そしてそれは「おのずから起こるだろう」という先見的了解も。
[PR]
by mewspap | 2006-11-28 08:55 | つれづれレヴュー

よしなしごとのつぶやき:子どものつぶやきと詩(Mew's Pap)

1回生向けに10月にやった入門講義の成績付けがまだだった。
e-Learningを併用したので、そこに投稿された受講生のBBSコメントをふむふむおもしろいと読んで、さくさくと成績を付ける。

2回生向けの授業でもe-Learningを併用していて、そこに投稿された受講生のBBSコメントをふむふむおもしろいと読む。こちらは成績はまだ考えなくてよいが、投稿コメントにリスポンスすることを約束していたのであった(明日にはやらねば)。

それから今度の日曜日に始まる入学前教育の準備のためPCにちゃっちゃか入力して、ようやく完了を見るやソファにどさりと横臥し、たまった新聞を読む。
なんと一番古いのは11月初めのまである。

以前にもご紹介した朝日新聞の「こどものつぶやき」読者投稿を読んでたら、また面白いものがあった。11月5日の日曜版に掲載されている「あのね」という欄である。
真っ赤な夕焼けを見た翌日。枝先に止まった赤とんぼを見つけ「きっと昨日の夕焼けの方から飛んできたんだよ」
横浜市 細野勇希・3歳
詩だね。
赤とんぼはまことに時空を超えるのである。
この子はたぶん「夕焼けこやけの赤とんぼ」の歌は知っているんだろうけど、その言語的知識と目前の風景を加算して「子どもの想像力」で掛け算したら時空をやすやすと越境してしまった。

赤とんぼの次はお魚がお題。
魚をグリルに並べるお手伝いをしていて、母が「そぉっと寝かせてね」と言うと、「お魚さん、眠いの?」
大阪市 中岡さや・3歳
死んでるんだよ、などと言ってはいけない。
たいへん眠いに決まっている(二度と起きないけど)。

高校生のころに国語の授業で、先生が詩を朗読する機会があった。
誰の詩だか覚えていないが、「蛇」というタイトルのこんなの。
長すぎる
短すぎる、などと言ってはならない(無粋である)。

それから「魚」というタイトルであったか、こんなのもあった。
魚は目を開いたまま死ぬ
魚は自分が食べられるのを見ようとしている
大学生のころに英語のネイティヴの先生が開講していた詩文学の授業で、この詩を英訳して渡したらたいへん感心して面白い詩だと言っていた。
確かこんな訳を付けたと思う。
The fish dies
With its eyes open
It tries
To see itself eaten
おお、ちゃんと脚韻を踏んでいるではないか。
この先生はたいへん学生をおだてるのが上手で、レポートを書くたびに何か褒め言葉をくれた(教師の鑑である)。
そう言えば半ば冗談で上記の「蛇」も訳して渡したら(もちろん"Too long"だね)、長文の批評コメントが返ってきた。
"Too long"という「わずか二語」のこの詩がいかに優れて完成されたものであるかを延々と説くそのコメントには度肝を抜かれた(今思うと先生も半ば冗談のつもりであったのかもしれない)。

詩などという「高尚なもの」とは縁もゆかりもなかったが、ううむ英詩研究の方に進もうかなあとしばし考えた。
しかしやっぱり詩の才能というのはぜんぜんないことに(幸いにしてすばやく)気づく。

やっぱ小説とか映画とか「庶民的」なものが好きなんだな。

そう言えば、山と積もった新聞を読み進めてようやく本日の朝刊にまでたどり着いたと思ったら、小説家、エッセイスト、詩人の灰谷健次郎が亡くなったという報に接する。

学生時代に『兎の目』と『太陽の子』に出会ってから、ずっと読み続けてきた。
冷酷非道な私がヒューマニスト作家のファンであるをいぶかしがる向きもあるかもしれない。しかし、本来「読書傾向」というのは、その人に「欠けている」ものを補う方向付けで発現するものなのである。怪しむに足らない。
したがって私の本棚には、上記『兎の目』『太陽の子』の横に、『子どもの隣り』『少女の器』『我利馬の船出』『砂場の少年』『海の図』『島物語』『天の瞳』等の代表作やさまざまなエッセイ集が並んでいるのである。
かくのごとく年来読み続けてきたということは、私の隠匿された冷酷非道なる本性が一定して変わらずきたことの証左であろう。

そう言えば、灰谷健次郎との最初の出会いは、幼少のころ自宅にあった『せんせいあのね』であることを思い出した。
灰谷健次郎が小学校教員をしていた時代に、教室で教え子に書かせた詩を集めた本だったはずである。
たぶん、母親がファンで買っていたのであろう。

母ともども灰谷健次郎氏にも合掌。
[PR]
by mewspap | 2006-11-24 18:18 | つれづれレヴュー

よしなしごとのつぶやき:のんびり勤労感謝の日(Mew's Pap)

かねてよりご案内のアメリカ映画コレクションが入荷。
梱包解いて並べ替え手伝ってくれたみなさんごくろうだったよ。

昨日は朝から夕方までちゃっちゃか仕事をこなし、夕暮れどきにひとり合研でアメリカ映画コレクションのエクセル・ファイルを整序する。
すると突然、問題児の卒業生が現れる。もうだいぶ前に卒業したのだが、在学中より世界の中心に自分がいるという退嬰的な自我肥大に基づく自己中の勘違い言動で周囲に迷惑をかけてきた者である。
卒業後も失敬な妄言や暴言メールに辟易していたが、以前に突然アポなしで個研にやってきて相変わらずの幼児的な罵詈雑言を弄するのにブチ切れてもう二度と来ないよう申し渡したにもかかわらず、まだ懲りないようである。
何をどう説諭しても理非を説いてもまったく無駄なので、穏当な性質で巷間知られた私のどす黒い本性が露わになりそうで恐ろしい。
とりあえず、「出て行け」「帰れ」「二度と来るな」の怒鳴り声三点セットという、その場ではもっとも穏当な表現で追い返す。

仕事のじゃまをされ不快きわまりないので、本日もいつも立ち寄る大阪駅構内のお店で晩ごはんで一杯やることにする。

お勧めの一品「鰯の唐揚げしそ風味」(これがうまいんだ)というのを注文し、ビールをぐびぐびひとり暢気にやっていると、唐揚げのかけらみたいなのが添え物の野菜の陰に隠れてらっしゃるのを発見。
箸でつまんでしげしげ眺めやると、そのからっと揚がって美味しそうなものは昆虫らしき方であることが判明(蜂のように見えるがまあ蠅であろう)。
0.3秒ほどフリーズし、我に返る。
私は緊急事態の発生に恐慌を来すということがあまりない。
阪神淡路大震災のおりも、深く深く眠っているところを激しく「揺り起こされた」が、寝起きの数秒後には頭が冷えていた。
昆虫の唐揚げという事態にも0.3秒を越える衝撃を与えることもなく、まあいいか、黙っておこうと3秒くらい思案する。
しかし、こういうことはやはりお店の人に言ってあげた方がいいのである。
ややこしい客も少なくないだろうし(大阪のど真ん中だしね)、このような事態を招来すれば暴れ出すような方や「きゃー」と金切り声をあげる方もおられるであろう。だからちゃんと言ってあげて、厨房でもより気を付けるようになるだろうという心持ちで穏やかにボーイさんを呼んでお皿を指さす。
怪訝な表情のボーイさんがさっと青ざめる。
いーのいーの、慌てない騒がない。私はここの鰯の唐揚げしそ風味が好きなので、同じものと交換してね。あ、それからそいつを突っついたりつまんだりしたお箸もなんか居心地悪いから別の持ってきてくれる?
とお伝えする。
実際、私も料理をする人なので「これくらいのこと」はさして気にならない。
化学薬品で徹底消毒されてゴキ○リとかハ○も生息し得ぬような絶対清浄キッチンなんかでまともな美味しい料理を作れるわけがないじゃん。
そしてこういうゴキ○リとかハ○方面の方々もわんさかいたらぞっとしないけれど、深夜に厨房の隅っこでわずかな残飯を静かににあさっておられる方々も、決して望んだわけではなくふとした弾みで料理に「たまには入ってしまう」ものでしょう。
「そういうもの」を食する文化習慣のあるところだって世界にはあるんだし。

とは言え「昆虫の唐揚げ」は「私が注文したもの」とはいささか異なるので(魚類の唐揚げを頼んだのである)、慇懃にお返しすることにし、新たに同じものを所望する。
むろん、同じ品で、調理するのも同じ厨房、同じ揚げ油であるが、そのようなことに神経質になってはいけない。
むしろ料理人はこういった「ささいな」事故のために、せっかく作ったものを「突っ返される」のはすごくやだろうなと思う。ちぇ、わざとじゃないんだし、そのぐらい見逃せよ、神経質な不潔恐怖症の奴め、と思われてもしょうがないであろう。

実際、このお店は料理がけっこう美味しい。でも焼き物や揚げ物は駅構内にある飲み屋にしてはちょっと時間がかかる(と言っても10分ほどだけど)。
しかし交換を所望した「鰯の唐揚げしそ風味」はマッハの勢いで登場する(やればできるじゃん)。
正直、ボーイさんは「すべて交換する」と言ってたけど、前の分の食べ残し4切れに、すでに口に入れてしまった分の1切れを追加しただけで、添え物の野菜もそのままに「再提出」してきても許してあげようと思っていた(食べ物は残さず大事にするよう貧しい家庭の子ども時代に刷り込まれたから)。
でもほんとうに作り直してくれていました。
真面目だね。
でもさっきの昆虫はほんとに綺麗に揚がっていたなと思う(こんなところでも料理長は腕前を証明してみせている)。案外こんがりと風味もよろしかったかもしれない。

さらには、このお店では「飛翔」というお酒の燗がおいしいんだけど、お代わりを頼んだところ先ほどのボーイさんがささささっと寄ってきて「これをどうぞ」と一合サービスでついでくれる。
あれま、あんがと。
そのうえお店を出るときの会計では、「鰯の唐揚げの分は差し引かしていただきましたので」と言う。
あれれオン・ザ・ハウスですか。おごりですか。
そこまでせんでもええのにね。

この店はそういう点でたいへん真面目である。
以前、隣の席の中年客が立ち上がり際に自分のテーブルの端にぶつかり、ビールをひっくり返したことがある。
まあ、酔ってはるし「そういうこともあるわな」と思ったけれど、挨拶もなしにそのまま立ち去るとは酒飲みにあらざる態度である。
反対側のテーブルのお客が、「なんや、すみませんの一言もなしに、なんちゅう客や」と声を荒げ、お店の人が飛んできて平身低頭謝ってくれた。
別にスニーカーがちょっと濡れたくらいだったんだけどね。
そんでそのときの会計でも、ビールの生中一杯分はただの計算で「店のおごり」であった。真面目な店なのである。

どんなにハプニングがあろうとも、私は自分で飲み食いした分の金は自分で払う主義である(当たり前か)。別にサービスしてもらおうとは思わない。
でも、そこんとこは「主義主張」を唱えてサービスを固辞しても、お店の方としてはかえって困るであろうから、「ごっそさんでした」とにっこり笑って立ち去るのである。

私も若いときにはひたすら年長者に飲み食いを「たかった」ものである。
指導教授に張り付いて晩ごはんを食べに行き、先生の言葉に適当に相づちをうちながらひたすら飲み食いした。
親戚のおうちを襲って、暴飲暴食の挙げ句、お腹一杯になって酔いも回り、あるいは食べ物や飲み物がなくなると「じゃ、失礼します」と言い残してさっさと帰ってきてしまった。
忘恩の限りを尽くす餓鬼である。

しかし若いときは「腹が減る」ものである。若者とは「腹が減る生物」と定義し得る。飲み方も知らぬ「酒の飲み方を学習しつつ」馬鹿な振る舞いをする「執行猶予期間」でもある。
劫を経ると若かりしころの貪婪な食欲もどこぞの田舎に蟄居してしまうらしく、あまりお腹がすかない。食す量も激減する。
その摂取量の減った分、トシヨリは「腹が減る生き物」にシェアしてあげてちょうど平仄が合うのである。

最近はお行儀がよろしく飢えかつえて教師に「食いもんをねだる」学生が減ったような気がする。
私も昔のように貧乏ではないが、いまだに貧乏性が抜けず確かに「ケチ」であると後ろ指さされてもけっこうであるが、それでも食いもん飲みもんで解決し得る問題ならば、解決には微力を尽くしてあげようと思っているのである。安い店の安い喰いものに安い飲み物だけど(若いときゃ口に入ればなんでもよいのである)。

つーか私よりも昨今の学生諸君はいいものを喰ってらっしゃるのかもしれない。

昨夜はお店のおごりもあり馳走をいただいたので、勤労感謝の本日は質素倹約にて過ごす。
お昼ごはんは半チャンラーメンを作って子どもとふたりで食す。
午後、どどどどっと子どもの友だちが訪れて遊ぶ、というよりは暴れるという表現が相応しい大騒ぎをする横で、ツタヤで借りたかつてTVドラマ『隣の神様』を静かに観て過ごす。
向田邦子原作、久世光彦演出の名品である。このふたりとももう幽明境を異にしてしまったんだ。
[PR]
by mewspap | 2006-11-23 16:25 | Mew's Pap

アメリカ映画コレクション

念願のアメリカ映画コレクションが入荷しました。
梱包を解いて並べ替えを手伝ってくれたみなさんごくろうだったよ。

英文合研に配架しているので、ゼミのみなさんの研究資料として利用してくれたまえ。
d0016644_11244767.jpg
タイトルのリストをエクセルで整序したが、ここにはテキストしか投稿できない。
とりあえず50音順で掲示。

数字
2010年
20世紀SF映画大全
48時間
48時間2
英語
E.T.
G.I.ジェーン
JFK
SF映画100年史
ア行
アイ・アム・サム
愛がこわれるとき
愛と青春の旅立ち
アウト・オブ・サイト
赤毛のアン・三部作-BOX
赤ちゃんはトップレディがお好き
アザーズ
足ながおじさん
明日に向かって撃て!
アトランティスのこころ
アニー
アニー2
アメリカ、家族のいる風景
アメリカン・グラフィティ
アメリカン・ビューティ
アメリカ映画ベスト100
アラバマ物語
ある愛の詩
アンタッチャブル
アンブレイカブル
イージー・ライダー
イギリスから来た男
イン・カントリー
ウォルター少年と、夏の休日
エイリアン
エイリアン2
エイリアン3
エイリアン4
エリン・ブロコビッチ
オードリー・ヘプバーンBOX
奥さまは魔女
オズの魔法使い
俺たちに明日はない
カ行
ガープの世界
カッコーの巣の上で
彼女を見ればわかること
カラーパープル
帰郷
危険な情事
グッバイガール
クレイマー、クレイマー
グロリア
ゴーストワールド
ゴッドファーザー・コレクション BOX
サ行
ザ・ディレクターズ:ウォルフガング・ピーターゼン
ザ・ディレクターズ:エイドリアン・ライン
ザ・ディレクターズ:クリント・イーストウッド
ザ・ディレクターズ:ジョン・カーペンター
ザ・ディレクターズ:スティーブン・スピルバーグ
ザ・ディレクターズ:バーブラ・ストライサンド
ザ・ディレクターズ:バリー・レビンソン
ザ・ディレクターズ:マーティン・スコセッシ
ザ・ディレクターズ:マイケル・マン
ザ・ディレクターズ:ミロス・フォアマン
ザ・ディレクターズ:ロジャー・コーマン
ザ・ディレクターズ:ロバート・アルトマン
サイダー・ハウス・ルール
サイモン・バーチ
サウンド・オブ・サイレンス
地獄の黙示録
シックス・センス
シッピング・ニュース
死ぬまでにしたい10のこと
シャイニング
ジュニア
ジョイ・ラック・クラブ
ジョン・ブック目撃者
シン・レッド・ライン
スケアクロウ
スターウォーズ エピソード1
スターウォーズ エピソード2
スターウォーズ エピソード3
スターウォーズ エピソード4
スターウォーズ エピソード5
スターウォーズ エピソード6
スタンド・バイ・ミー
スタンドアップ
スティング
ステップフォード・ワイフ
ステップフォード・ワイフ
素晴らしき日
スモーク
スリーメン&ベイビー
スリーメン&リトル・レディ
スリング・ブレイド
卒業
タ行
ダーティハリー
ダーティハリー2
ダーティハリー3
ダーティハリー4
ダーティハリー5
大統領の陰謀
太陽の帝国
タクシードライバー
黄昏
ダンス・ウィズ・ウルブス
小さな巨人
テルマ&ルイーズ
天使にラブソングを・・・
トッツィー
ドラゴン:ブルース・リー物語
ハ行
パーフェクトワールド
パール・ハーバー
ハックルベリー・フィンの大冒険
バッド・ガールズ
パニック・ルーム
パパとマチルダ
ハマーホラー&SF映画大全
張り込み
パルプ・フィクション
ハンバーガー・ヒル
ビッグ・ウェンズデー
ビッグ・フィッシュ
ビューティフル・マインド
ファースト・ワイフ・クラブ
ファム・ファタール
フィールド・オブ・ドリーム
フォーエバー・フレンズ
フォレスト・ガンプ
普通の人々
プライベート・ライアン
プラトーン
プリティウーマン
フレンチ・コネクションコレクターズBOX
ブロンクス物語
ペイ・フォワード
ペーパー・ムーン
ペーパー・ムーン
ホームアローン
ホームアローン2
僕のボーガス
ホテル・ニューハンプシャー
マ行
マイ・フレンド・メモリー
マッチスティック・メン
マトリックス
マトリックス・リローデッド
マトリックス・レボリューションズ
マルコムX
ミセス・ダウト
未知との遭遇
ムービー・ジャンル SF映画
ムービー・ジャンル 西部劇
ムービー・ジャンル 戦争映画
めぐりあう時間たち
モナリザ・スマイル
ヤ行
許されざる者
ラ行
ライフwithマイキー
リトルマン・テイト
リバー・ランズ・スルー・イット
ルル・オン・ザ・ブリッジ
レインマン
ローズ家の戦争
ロマン・ポランスキー短篇全集
ワ行
若草物語
若草物語
[PR]
by mewspap | 2006-11-23 11:28 | Mew's Pap

仮スケルトン(YOKO)

アメリカ映画で見るファッションの役割
―衣服が発するメッセージ―

目次
序章
第一章 ファッションの役割 ―現代が舞台の映画
 第一節 『キューティ・ブロンド』で見るキャラクターを伝えるファッション
 第二節 『メリンダとメリンダ』で見る区別を図るファッション
 第三節 『シーズ・オール・ザット』で見る変化を表すファッション

第二章 ファッションの役割 ―50年代が舞台の映画
 第一節 50年代という時代
 第二節 現代が作り出した50年代が舞台の映画
 第三節 ファッションのコスチューム性
 第四節 現代が舞台の『ステップフォード・ワイフ』で見るコスチューム的ファッション

結論

参考文献

第一章では、現代が舞台の映画を扱う。それぞれの主人公が着ている衣装を取り上げ、参考文献からの内容を交えながら、衣服が言語以上にメッセージを発している様子を見ていく。

第二章では、現代が作った50年代が舞台の映画に絞り、その中で着られている50年代ファッションに注目する。そのためにまず、50年代という時代を女性史とファッション史の観点から述べる。そのあと実際に扱う映画は、『モナリザ・スマイル』、『エデンより彼方に』、『めぐりあう時間たち』である。その中で着られている衣装を取り上げ、それらに一貫してコスチューム的役割があることを見ていく。また、現代が舞台である映画『ステップフォード・ワイフ』に登場する衣装にも同じ役割があることを見ていく。



スケルトンに落とし込むようにと言われたので作ってみました。でも、書きたいことをまとめる感じで作っていってみると二章にまとまってしまったうえ、ひとつひとつのタイトルがとても長いものになってしまいました。なので、より良いものに出来ないかとまだまだ要検討です。
[PR]
by mewspap | 2006-11-22 20:52 | 2006年度ゼミ

仮スケルトン (shoko)

母親がいない女性たち
―― In Her Shoes ――

目次
序論
第一章対照的なマギーとローズ
マギーとローズの二人は相手がいないと自分を見失う。相手を一番に理解している関係にある。
 第一節 姉妹であり親友
     弱みは互いに助け合う姉妹、幸せに感じることは相手に話し合う親友。
 第二節マギーを守るローズ
     母の死の真相から守り、働かないマギーの面倒を見る。優等生を演じるローズ。
 第三節 けんか
     マギーがローズの元を追い出されるきっかけになったけんか。

第二章 マギーの成長
    仕事をすることを嫌っていたマギーが、老人たちとの日々を通して苦手を克服する。必要とされることに喜びを感じるようになる。
 第一節 詩の朗読
     マギーは難読症を克服し、読み聞かせることに楽しみを感じるようになる。
 第二節 特技を活かした仕事
     自信があるファッション・センスを活かしたショッピングの仕事を自ら始める。

第三章エラの葛藤
    エラはキャロラインの母親としての自分に後悔をしていた。マギーと再会することでエラは心の痛みに向き合い、関わることを諦めていた家族に歩み寄っていく。
 第一節 キャロラインの母親
     母親としてのエラがどのような人物だったのか。
 第二節マギーへの態度
     祖母としてマギーにどのように接していくのか。
 第三節マイケルとの和解
     エラは過去の間違いを謝る。マイケルこれまでの多くのことを詫びる。

結論

参考文献
[PR]
by mewspap | 2006-11-20 22:42 | 2006年度ゼミ

合研配架予定の映画タイトル・リスト

以下のタイトルが近々入荷予定です(50音順)。

『2010年(ワイド版)』
『20世紀SF映画大全』
『48時間』
『48時間2』
『E.T.コレクターズ・エディション』
『G.I.ジェーン』
『JFK』
『SF映画100年史』
『SMOKE』
『アイ・アム・サム』
『愛がこわれるとき』
『愛と青春の旅立ち』
『アウト・オブ・サイト』
『赤毛のアン・三部作DVD-BOX』
『赤ちゃんはトップレディがお好き』
『アザーズ』
『足ながおじさん』
『明日に向かって撃て!(特別版)』
『アトランティスのこころ 特別版』
『アニー スペシャル・アニバーサリー・エディション』
『アニー2』
『アメリカ、家族のいる風景』
『アメリカン・グラフィティ』
『アメリカン・ビューティ』
『アメリカ映画ベスト100』
『アラバマ物語スペシャルエディション』
『ある愛の詩』
『アンタッチャブル』
『アンブレイカブル』
『イージー・ライダー[SUPERBIT?]』
『イギリスから来た男』
『イン・カントリー』
『ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション』
『エイリアン(シリーズ1)』
『エイリアン(シリーズ2)』
『エイリアン(シリーズ3)』
『エイリアン(シリーズ4)』
『エリン・ブロコビッチ』
『オードリー・ヘプバーンBOX』
『奥さまは魔女(2005)』
『オズの魔法使いコレクターズ・エディション』
『俺たちに明日はない』
『ガープの世界』
『カッコーの巣の上でスペシャル・エディション』
『彼女を見ればわかること』
『カラーパープル スペシャル・エディション』
『帰郷』
『危険な情事』
『グッバイガール』
『クレイマー、クレイマー』
『グロリア』
『ゴーストワールド』
『ゴッドファーザー・コレクションDVD BOX』
『ザ・ディレクターズ:ウォルフガング・ピーターゼン』
『ザ・ディレクターズ:エイドリアン・ライン』
『ザ・ディレクターズ:クリント・イーストウッド』
『ザ・ディレクターズ:ジョン・カーペンター』
『ザ・ディレクターズ:スティーブン・スピルバーグ』
『ザ・ディレクターズ:バーブラ・ストライサンド』
『ザ・ディレクターズ:バリー・レビンソン』
『ザ・ディレクターズ:マーティン・スコセッシ』
『ザ・ディレクターズ:マイケル・マン』
『ザ・ディレクターズ:ミロス・フォアマン』
『ザ・ディレクターズ:ロジャー・コーマン』
『ザ・ディレクターズ:ロバート・アルトマン』
『サイダー・ハウス・ルール』
『サイモン・バーチ』
『サウンド・オブ・サイレンス特別版』
『地獄の黙示録』
『シックス・センス』
『シッピング・ニュース特別版』
『死ぬまでにしたい10のこと』
『シャイニング』
『ジュニア』
『ジョイ・ラック・クラブ』
『ジョン・ブック目撃者スペシャル・コレクターズ・エディション』
『シン・レッド・ライン』
『スケアクロウ』
『スターウォーズ エピソード1』
『スターウォーズ エピソード2』
『スターウォーズ エピソード3』
『スターウォーズ エピソード4』
『スターウォーズ エピソード5』
『スターウォーズ エピソード6』
『スタンド・バイ・ミー[SUPERBIT?]』
『スタンドアップ特別版』
『スティング スペシャル・エディション』
『ステップフォード・ワイフ(ブライアン・フォーブス監督版)』
『ステップフォード・ワイフ(フランク・オズ監督版)』
『素晴らしき日』
『スリーメン&ベイビー』
『スリーメン&リトル・レディ』
『スリング・ブレイド』
『卒業(デジタル・ニューマスター版)』
『ダーティハリー1~5コレクターズBOX』
『大統領の陰謀スペシャル・エディション』
『太陽の帝国 特別版』
『タクシードライバー[SUPERBIT?]』
『黄昏』
『ダンス・ウィズ・ウルブス』
『小さな巨人』
『テルマ&ルイーズ』
『天使にラブソングを・・・』
『トッツィー』
『ドラゴン:ブルース・リー物語』
『パーフェクトワールド』
『パール・ハーバー・コレクターズ・エディション』
『ハックルベリー・フィンの大冒険』
『バッド・ガールズ』
『パニック・ルーム』
『パパとマチルダ』
『ハマーホラー&SF映画大全』
『張り込み』
『パルプ・フィクション』
『ハンバーガー・ヒル』
『ビッグ・ウェンズデー』
『ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション』
『ビューティフル・マインド』
『ファースト・ワイフ・クラブ』
『ファム・ファタール』
『フィールド・オブ・ドリーム』
『フォーエバー・フレンズ』
『フォレスト・ガンプ』
『普通の人々』
『プライベート・ライアン・アドバンスト・コレクターズEdition』
『プラトーン』
『プリティウーマン』
『フレンチ・コネクションDVDコレクターズBOX』
『ブロンクス物語』
『ペイ・フォワード』
『ペーパー・ムーン』
『ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション』
『ホームアローン(シリーズ1)』
『ホームアローン(シリーズ2)』
『僕のボーガス』
『ホテル・ニューハンプシャー』
『マイ・フレンド・メモリー』
『マッチスティック・メン』
『マトリックス』
『マトリックス・リローデッド』
『マトリックス・レボリューションズ』
『マルコムX』
『ミセス・ダウト』
『未知との遭遇』
『ムービー・ジャンル SF映画』
『ムービー・ジャンル 西部劇』
『ムービー・ジャンル 戦争映画』
『めぐりあう時間たち』
『モナリザ・スマイル』
『許されざる者』
『ライフwithマイキー』
『リトルマン・テイト』
『リバー・ランズ・スルー・イット』
『ルル・オン・ザ・ブリッジ』
『レインマン アルティメット・コレクション』
『ローズ家の戦争』
『ロマン・ポランスキー短篇全集』
『若草物語(ジョン・キューカー版)』
『若草物語(マーヴィン・ルロイ版)』
[PR]
by mewspap | 2006-11-17 16:36 | Mew's Pap

仮スケルトン(Adelaide)

父親の子育てと母親の改心
――Robert Benton, Kramer vs. Kramer

目次
序論
第一章 テッドの父親としての成長
 第一節 心の通っていない父と子
 第二節 子に近づいていく父
 第三節 理解しあう父と子
第二章 父親をするテッド
 第一節 2つのフレンチ・トースト・シーン
 第二節 子を学校に送る父
 第三節 一心同体の父と子
第三章 ネガティブに描かれるジョアンナ
 第一節 突然の家出と出現
 第二節 法廷でのジョアンナ視点の削除
 第三節 改心するジョアンナ
結論

参考文献

 第一章で、喧嘩をした後でのビリーの部屋というパターンでの2人の関係の成長がどのように表現されているかについて述べる。父・テッドが子・ビリーと喧嘩をし、ビリーを彼の部屋へと追い出すシーンが三回ある。その三回のシーンを節にわけて、それらの違いを見ていく。
 第二章では、テッドが父親をどのようにしているかについて考察する。テッドが子育て・家事をしているシーンである、料理、子どもの送迎、子守(絵本の読み聞かせや話を聞くシーン)に注目してみていく。
 第三章では、ジョアンナが、批判的に描かれているとについて述べる。ジョアンナ視点がほとんどみられないということについて考えていく。
[PR]
by mewspap | 2006-11-17 07:31 | 2006年度ゼミ

研究ノート(YOKO)

扱う映画を全て見直し、衣装を全て書き出しました。最も衣装の数が多い『キューティ・ブロンド』の分を書き込みます。

『キューティ・ブロンド』
登場シーン…ピンクのカモフラージュ柄のワンピース、ハートのサンダル、黄色の大きな花飾り

買い物シーン…ブルーのスパンコールのワンピース
※友達に自身を示す色だからと赤を勧められる。また、自分の好きな色にしたら?とも言われる。

ワーナーとのデートシーン…ヴィヴィットなピンクのスリットワンピース
※マリリンモンローと言われる。そしてワーナーに振られる。

サロンシーン…白のキャミソール(ポップな柄つき)、薄いピンクのパンツ、真っ赤なベルト

進路相談シーン…(家族に)ブルーのスパンコール水着、(先生に)ブルーのタンクトップ、真っ赤なパンツ

勉強中…ブルーのボーダー/ピンクのキャミソール、ピンクのスカート

ビデオレター内…グリーン、ピンク、オレンジのスパンコール水着、ピンクのワンピース、(会議中)ゴールドのワンピース
※エルはカリフォルニアの花のイメージ。熱帯の色使い。そして社交クラブは温室のイメージ。(プロダクションデザインのメリッサ、衣装デザイナーのソフィーが語る)

ハーバード到着シーン…ピンクのスーツ、サングラス
※色のないハーバードでエルはとても目立ち、バービー人形だと言われる。

自己紹介シーン…カラフルなボーダーのトップス、ヴィヴィットピンクのパンツ、ヴィヴィットピンクのぼうし

初授業シーン…シャツにネクタイ、濃いグリーンのカーディガン&スカート、眼鏡
※エルなりに大学生らしい格好をしようと努力しているのが伺えるが、茶色や灰色で溢れたハーバードではまだ浮いてしまう。衣装デザイナーのソフィーは、色彩などでで東海岸と西海岸の区別をはっきりと付けたと言う。

次の授業シーン…グレーのタートルネックのセーター
※このときはもう、エルの好きなピンクはペンの先に付いたファーだけである。

スポーツ観戦シーン…ピンクのラメのブラトップ、ヴィヴィットピンクのファーコート、サングラス

パーティシーン…ピンクのバニーちゃん(仮想パーティだと騙されたため)

ポーレットとお出掛けのシーン…パープルのファーコート、赤のタートルネックのセーター、白のニット帽
※60~70年代を思わせるレトロな雰囲気。

その後の授業シーン…パープルのカーディガン、(中に)ピンクのシャツ/グリーンのジャケット、ピンクのインナー
※エルの好きなピンク色はインナーとして使われている。エルらしさが出したいが出せず閉じ込められている状況が伺える。

弁護士として働くシーン…黒のスーツ、白のフリルブラウス/黒の上下、赤の柄のシャツ/グレーのスーツ/白地に茶色の柄のシャツ、黒のコート
(仕事を辞退する)

弁護士として復活シーン…ピンクのワンピース
※エルらしい服装に戻る。そして事件も解決する。
[PR]
by mewspap | 2006-11-16 22:31 | 2006年度ゼミ