カテゴリ:論文執筆法の文献( 1 )

論文の書き方・リサーチ方法・文章技法・発想法等に関する参考文献

論文の書き方
清水幾太郎『論文の書き方』(岩波新書、1959)
澤田昭夫『論文の書き方』(講談社学術文庫、1977)
保坂弘司『レポート・小論文・卒論の書き方』(講談社学術文庫、1978)
木村時夫『実例リポート・論文の書き方』(南雲堂、1979)
澤田昭夫『論文のレトリック―わかりやすいまとめ方』(講談社学術文庫、1983)
ウンベルト・エコ/谷口勇訳『論文作法』(而立書房、1991)
古郡廷治『論文・レポートの文章作法』(有斐閣新書、1992)
木下是雄『レポートの組み立て方』(ちくま学芸文庫、1994)
鷲田小彌太・廣瀬誠『論文・レポートはどう書くか』(日本実業出版社、1994)
栩木伸明『卒論を書こう―テーマ探しからスタイルまで』(三修社、1995)
古郡廷治『論文・レポートのまとめ方』(ちくま新書、1997)
花井等・若松篤『論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ』(有斐閣アルマ、1997)
斉藤孝『学術論文の技法』第2版(日本エディタースクール、1977, 1988, 1998)
山内志朗『ぎりぎり合格への論文マニュアル』(平凡社新書)
安藤喜久雄『わかりやすい論文レポートの書き方』(実業之日本社、1999)
河野哲也『レポート・論文の書き方入門』第3版(慶應義塾大学出版会、1997)
櫻井雅夫『レポート・論文の書き方 上級』(慶應義塾大学出版会、1998)
戸田山和久『論文の教室 レポートから卒論まで』(NHKブックス、2002)

論文の書き方(英文)
Kate L. Turabian, A Manual for Writers of Term Papers, Theses, and Dissertations, 4th edition (U of Chicago P, 1973)
浜田清夫・他編著『英語論文作成法』(英宝、1978)
原田敬一『英語句読法の知識と使い方』(南雲堂、1985)
崎村耕二『英語論文によく使う表現』(創元社、1991)
加藤恭子・ヴァネッサ・ハーディ『英語小論文の書き方―英語のロジック・日本語のロジック―』(講談社 現代新書、1992)
ジョゼフ・ジバルディ/原田敬一訳編『MLA英語論文の手引』第4版(北星堂、1998)
L・T・ディキンソン『文学の学び方―付/論文・レポートの書き方』(南雲堂、1969)
ケリー伊藤『書きたいことが書けるライティング術』(研究社、1999)
ケリー伊藤『英語ライティング講座入門』(研究社、2001)
ケリー伊藤『英語パラグラフ・ライティング講座入門』(研究社、2002)

リサーチ方法
池田祥子『文化系学生のための文献調査ガイド』(青弓社、1995)
アリアドネ編『調査のためのインターネット』(ちくま新書、1996)
藤田節子『自分でできる情報探索』(ちくま新書、1997)

文章技法
木村泉『ワープロ作文技術』(岩波新書、1993)
辰濃和男『文章の書き方』(岩波新書、1994)
小河原誠『読み書きの技法』(ちくま新書、1996)
中村明『文章工房―表現の基本と実践』(ちくま新書、1997)
立花隆「はじめに」『二十歳のころ』(新潮社、1998)所収、pp. 13-28.
小野田博一『論理的な作文・小論文を書く方法』(日本実業出版社、2001)
小野田博一『論理的に書く方法』(日本実業出版社、1997)
野口悠紀雄『「超」文章法 伝えたいことをどう書くか』(中公新書、2002)
大野晋『日本語の教室』(岩波新書、2002)
本多勝一『日本語の作文技術』(朝日文庫、1982)
本多勝一『実戦・日本語の作文技術』(朝日文庫、1994)
山口文憲『読ませる技術 コラム・エッセイの王道』(マガジンハウス、2001)
岩松研吉郎『日本語の化学』(ぶんか社、2001)

発想・思考の技術
立花隆『「知」のソフトウェア―情報のインプット&アウトプット』(講談社現代新書、1984)
外山滋比古『思考の整理学』(ちくま文庫、1986)
野口悠紀雄『「超」整理法』(中公新書、1993)
立花隆『ぼくはこんな本を読んできた』(文藝春秋、1995)
中尾浩『文化系のパソコン技術―ライティングシステム序説』(中公新書、1996)
中野不二男『メモの技術―パソコンで「知的生産」―』(新潮選書、1997)
[PR]
by mewspap | 2008-04-08 20:30 | 論文執筆法の文献