The Beautiful White American: Since Fictions of the Savior(REI)

Introduction

 ハリウッド映画は、すべての人種の人々に、白人が最も優れているというアパルトヘイト的物の見方を構築するための一つの道具である。何百ものアメリカ映画は、白人が優れていること、また戦いでの彼らの勝利を描く。また、白人と黒人とすべての人種の人々が白人に対して感じている忠誠心や敬服といったものの素晴らしい関係を表す映画もある。
 2001年9月11日の大惨事のあと、一人の記者は、アメリカ映画がテロリストの攻撃を理解するために必要であろうと述べている。テロリストはアメリカ映画が世界を汚染するものとして考えるイスラムの現実主義者から形成される。イスラエル議会の一員であるAzmi Bisharaによると、アメリカはさまざまな方法でアラブ社会の組織を引き裂いていると述べる。アフガニスタンでの最初の米英による攻撃のパキスタンの反応についてのニュースでは、デモ参加者によりアメリカ映画が燃やされたとニュースで報道された。
 この本の中では、白人の主人公と他の人種の人々で構成されたハリウッド映画の中の白人のイメージを調べる。メデイアで描かれる白人はすべての人によって大切であり、ただ単に白人のためだけではない。白人が彼ら自身にもつイメージは、他の人種のイメージとの比較によって得られる。また、他の人種のイメージは白人との比較によって得られる。南アフリカを人種隔離制度から引き離したNelson Mandelaは、黒人のパイロットが飛行機を操縦している姿をみて驚きを感じ、固定観念によりパイロットが白人の仕事と考えたことから、自分はまだアパルトヘイト的物の見方をしていることに気づいた。私たちは、人間として私達を構成し、定義するイメージ、固定観念と知識の結果である。

スターゲイト: 惑星での湾岸戦争

 1994年最も人気の映画である『スターゲイト』は、純粋な神話論を表すので、よいスタート地点である。その英雄は救世主の要素を持っている。この映画は、モーゼやキリストの伝説を含む神話と、英雄神話を扱う『スターウォーズ』や『デューン』などの映画から借りられている。『スターゲイト』はエジプトで考古学の発掘の最中に古代金属の指輪の発見により始まる。10年後にエジプト学者で言語学者であるDr.Daniel Jacksonの助けにより、アメリカの政府は動き始める。彼は、そこに指輪に書かれている文字を解読した。その指輪は遠い星の問に入るための手段であることが分かり、政府はColonel Jack O’Neill率いるチームを惑星の入口に調査のために送った。Jacksonも彼らに付き添った。その惑星には砂漠があり、その鉱山でアラブ民族の服装をした黒人の奴隷たちが働いていることを発見した。彼らは、Raと呼ばれるテロに支配されていた。Jacksonは、奴隷たちにRaに背くよう説得し、Colonel Jack O’Neillらの助けにより、『スターウォーズ』のクライマックスと同様に、彼の宇宙船を爆発させることにより、見事Raを打ち負かすことに成功した。
 『スターゲイト』の中に神話の要素があることは明らかだ。Jacksonは孤児であり、変わり者であるため、科学者の団体では馬鹿にされ軽蔑され続けてきた。彼を唯一信頼しているのが、彼の才能を認識し、母親代わりである利口な老女だ。彼はすぐに暗号を解読することによって才能を見せた。Jacksonは次に兵士につまらない人として馬鹿にされたが、惑星の住民には崇拝された。彼がその老女からもらったお守りが、Raのサインであったからだ。たくさんの試練に巻き込まれたJacksonであったが、Raを破り、惑星に自由をもたらした。
 多くの映画では二人の英雄がいて、一人はひきたて役だ。この映画では、Jacksonは神話的英雄で、O’Neillは型にハマった英雄である。二人は最初全く共通点をもたないが、彼らは偶然出会い、最後は奴隷を解放することで一つになる。この映画の明白なメッセージは、白人が外国に行き、奴隷を解放するために一緒に戦うことにより、自我を見つけ、彼らの違いに打ち勝つということだ。奴隷は、白人が彼らの可能性を理解し、外国人が白人によって救われると考えるために存在する。白人はたとえ爆弾を運んでいたとしても、よい人種として表現されるのだ。『スターゲイト』はこのイデオロギーのメッセージを伝えるために、神話を用いる。1994年に現れたこの映画は1990-1991年にかけての湾岸戦争についての寓話である。湾岸戦争では、アメリカ政府が侵略者から砂漠の人々を自由にするために軍隊を送っている。『スターゲイト』は、映画を通して白人と他の人種の関係について教えてくれる。
[PR]
by mewspap | 2012-09-03 10:51 | 2012年度ゼミ


<< 2012年度ゼミ冊子 『タイタニック』基本データ(ほなみ) >>