『A.I.』基本データ(chan)

『A.I.』(Artificial Intelligence、2001)
監督・製作・脚本 スティーブン・スピルバーグ
製作 ボニー・カーティス、キャスリーン・ケネディ
原案 スタンリー・キューブリック


主要登場人物
デイビッド:ハーレイ・ジョエル・オスメント(Haley Joel Osment)
「愛」をインプットされて生まれてきた人工知能の少年。一度は母に捨てられるが、人間になるためにブルー・フェアリーを探す旅に出る。
ジゴロ・ジョー:ジュード・ロウ(Jude Law)
デイビッドとは反対に「愛」などの感情はないが、人間に「愛」を与えるセックス・ロボット。デイビッドと出会い、共に旅をする。
モニカ・スウィントン:フランシス・オーコナー(Frances O`connor)
デイビッドの母親。しかし実の息子の不治の病が奇跡的に治ると、人工知能と人間は共に暮らせないと言う父親の意見に流され、デイビッドを森に捨てる。
アレン・ホビー教授:ウィリアム・ハート(William Hurt)
デイビッドを作った教授。自分で悩み、取捨選択する高度な人工知能を持ったロボットを作るためにデイビッドで実験していた。
テディ:くまのぬいぐるみ
デイビッドより性能は悪いが人工知能を持ったくまのぬいぐるみ。デイビッドと共に森に捨てられ、一緒に旅をする。感情が無い分、いつも正しい意見を言う。


あらすじ
子供のロボットであるデイビッドは、実の息子が不治の病である母親の心の傷を癒すために、家にやってきた。そして母親であるモニカは息子になるための7つの言葉をデイビッドに言う。その瞬間から、デイビッドは家族の一員となる。
 しかし夫婦にとって本当の息子であるマーティンが目覚めるのである。家族4人の生活が始まり、ある時マーティンと一緒に、母親からピノキオの話を聞かされる。デイビッドはピノキオに憧れ、人間になりたいと願うようになる。デイビッドは次第に家族に危害を加えるようになり、森に捨てられる。
 その森でデイビッドは、セックス・ロボットのジゴロ・ジョーと出会う。デイビッドは人間に変えてもらうために、ジョーと玩具型ロボットのテディと共にピノキオの物語に登場するブルー・フェアリーを探す。ブルー・フェアリーがいるというマンハッタンに着いたが、デイビッドの生みの親であるアレン・ホビー教授に会う。そこでデイビッドというロボットが何体もあることを知り、途方に暮れ、海に身を投げる。デイビッドはジョーに助けられるが、海の底にブルー・フェアリーを見つけたのである。次は乗り物に乗り、潜水してブルー・フェアリーのところまでたどり着く。しかし観覧車の下敷きになり、身動きが取れなくなる。デイビッドは人間になるために、ブルー・フェアリーに何回もお願いをする。そしてデイビッドは動かなくなってしまう。
 2000年の時が流れ、何者かによってデイビッドは目覚めさせられる。そしてその者たちの力で一日だけ、母親と幸せな時を過ごす。待ち望んでいた母親の愛を感じることができたのである。やがて母親は永遠の眠りにつき、その横でデイビッドも生まれて初めて夢の世界へと旅立つために眠るのである。
[PR]
by mewspap | 2012-08-15 11:34 | 2012年度ゼミ


<< 『グリーン・マイル』、『スタン... 基礎データ(gurab) >>