『魔法にかけられて』基本データ(miimina)

『魔法にかけられて』(Enchanted,2007)

監督:ケヴィン・リマ(Kevin Lima)

主要登場人物
ジゼル(Giselle):エイミー・アダムス(Amy Adams)
おとぎの国であるアンダレーシアの乙女。いつか王子様と真実の愛のキスをすることを夢見ている。ある日エドワード王子と出会い婚約するが、王子の継母であるナリッサ女王によって魔法の井戸に突き落とされ、現実のニューヨークに迷い込む。
ロバート・フィリップ(Robert Philip):パトリック・デンプシー(Patrick Dempsey)
離婚専門の弁護士。理性的で現実的。離婚暦があり、ニューヨークのアパートで娘のモーガンと暮らしている。ニューヨークに迷い込んだジゼルを助ける。
エドワード王子(Prince Edward):ジェームズ・マースデン(James Marsden)
アンダレーシアの王子。率直な性格で早とちりが多い。婚約者であるジゼルを追いかけてニューヨークへ向かう。
ナリッサ女王(Queen Narissa):スーザン・サランドン(Susan Sarandon)
エドワード王子の継母でアンダレーシアの女王。女王の座を少しでも長く維持することを一番に考えている。ジゼルとエドワード王子を結婚させないために、ジゼルをアンダレーシアから追放する。
ナサニエル(Nathaniel):ティモシー・スポール(Timothy Spall)
ナリッサ女王の家来。表向きはエドワードの従者だが、ナリッサに惚れている。
ナンシー・トレメイン(Nancy Tremaine):イディナ・メンゼル(Idina Menzel)
ロバートの恋人。理知的なキャリアウーマン。
モーガン・フィリップ(Morgan Philip):レイチェル・コヴィー(Rachel Covey)
ロバートの六歳の娘。ジゼルを本物のプリンセスだと信じ、母親のように慕う。

あらすじ
  この映画ではアンダレーシアというおとぎの国が描かれており、アンダレーシアと現実のニューヨークが舞台となっている。
 ある日、アンダレーシアの森に暮らすジゼルはロバート王子と出会い、その日のうちに結婚を決める。しかし、女王の座を奪われることを危惧したナリッサ女王により、ジゼルは魔法の井戸に突き落とされ、現実のニューヨークに迷い込む。
 そんなジゼルと偶然出会ったロバートと娘のモーガンが彼女を助け、自宅に泊まらせる。ロバートとモーガンは浮世離れしたジゼルの言動に戸惑うが、彼女の素直で明るい人柄に惹かれ、しだいに打ち解けていく。
 そんな中、ジゼルを追いかけてニューヨークにやってきたエドワード王子がロバートの家までジゼルを迎えに来る。ようやく再会できたジゼルとエドワード王子だが、ジゼルはロバートと互いに惹かれあっていたため、心から喜ぶことができない。
 その後、ロバートと恋人であるナンシーが舞踏会に出かけ、ジゼルとエドワード王子もそれに参加する。そこにナリッサ女王が現れ、ジゼルに毒リンゴを食べさせ、ジゼルは息をひきとってしまう。ジゼルを生き返らせるためには愛する人のキスが必要だということで、エドワード王子がキスをするが、ジゼルは息を吹き返さない。そしてロバートがキスをすると、ジゼルは目を覚まし、二人は現実のニューヨークで結ばれる。一方、エドワード王子はナンシーと恋に落ち、おとぎの国のアンダレーシアで結ばれる。
[PR]
by mewspap | 2012-08-13 16:17 | 2012年度ゼミ


<< 『小説家を見つけたら』基本デー... 『奥さまは魔女』基本データ(m... >>