『奥さまは魔女』基本データ(miimina)

『奥さまは魔女』(Bewitched,2005)

監督:ノーラ・エフロン(Nora Ephron)

主要登場人物
イザベル・ビグロー(Isabel Bigelow):ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)
普通の恋に憧れて人間界にやってきた魔女。ジャックのスカウトでテレビドラマ『奥さまは魔女』に出演することになり、サマンサ役を演じる。
ジャック・ワイヤット(Jack Wyatt):ウィル・フェレル(Will Ferrell)
元ビッグスターで現在は落ちぶれ気味の俳優。テレビドラマ『奥さまは魔女』へダーリン役としての出演依頼を受け、偶然出会ったイザベルをサマンサ役に抜擢する。
アイリス・スマイソン(Iris Smythson):シャーリー・マクレーン(Shirley MacLaine)
女優。自由奔放な性格。テレビドラマ『奥さまは魔女』でサマンサの母親であるエンドラ役を演じる。
ナイジェル・ビグロー(Nigel Bigelow):マイケル・ケイン(Michael Caine)
イザベルの父。魔法を使って自分の思い通りに恋愛をしてきたため、普通の恋がしたいというイザベルの気持ちが理解できない。
リッチー(Ritchie):ジェイソン・シュワルツマン(Jason Schwartzman)
ジャックのマネージャー。常にジャックの味方で、テレビドラマ『奥さまは魔女』でジャックを目立たせるため、様々な策を講じる。

あらすじ
 この映画では魔法の世界が描かれており、現実のロサンゼルスが舞台となっている。
 魔女であるイザベルは、魔法を使わずに普通の恋をするため、魔法の世界から現実のロサンゼルスへとやってくる。そこで一人暮らしを始めたイザベルだが、ある日イザベルは俳優であるジャックと本屋で偶然出会い、テレビドラマ『奥さまは魔女』のサマンサ役に抜擢される。今は落ち目の元ビッグスター俳優であるジャックは、自分を目立たせこのドラマで復活を図るため、無名の新人女優を探していたのである。ジャックのそんな考えは知らないまま、イザベルはテレビドラマへの出演を承諾する。
 そして撮影が始まるが、イザベルは撮影現場での自分勝手なジャックの態度に怒りを募らせ、自分の思いをジャックにぶつける。するとジャックは考えを改め、ドラマ撮影が順調に進む中、しだいに二人は恋に落ちていく。
 しかし、イザベルは自分が魔女であるということをジャックに隠していた。やがてその秘密に耐えられなくなり、イザベルはジャックに自分は魔女だと打ち明けるが、ジャックはその事実にショックを受けイザベルから離れていく。
 だがやはりジャックはイザベルのことを忘れることができず、彼女のもとに駆けつけプロポーズをし、結婚した二人は新居に引っ越す。
[PR]
by mewspap | 2012-08-13 15:46 | 2012年度ゼミ


<< 『魔法にかけられて』基本データ... 『蠅の王』基本データ(普通電車... >>