『魔法にかけられて』基本データ(mami)

『魔法にかけられて』(Enchanted, 2007)

監督:ケヴィン・リマ(Kevin Lima)

主要登場人物

ジゼル(Giselle):エイミー・アダムス(Amy Adams)
アンダレーシアに住む女性。永遠の愛を信じるロマンチストであり、動物たちと一緒に暮らしながらいつか理想の男性と出会える日を楽しみにしている。しかしナリッサ女王のたくらみにより現実のニューヨークに追放される。

ロバート・フィリップ(Robert Philip):パトリック・デンプシー(Patrick Dempsey)
ニューヨークに住む弁護士。一度離婚をしており、娘のモーガンと2人で暮らしている。魔法や永遠の愛などを信じない現実主義者であるが、後にジゼルと出会うことで彼の生活が狂いだしていく。

エドワード王子(Prince Edward):ジェームズ・マースデン(James Marsden)
アンダレーシアの王子。ジゼルと婚約する。ジゼルを助けるためにニューヨークに行くが、バスを怪物と思ったり、テレビを魔法の鏡と勘違いするなど、早とちりしやすい。

ナリッサ女王(Queen Narissa):スーザン・サランドン(Susan Sarandon)
アンダレーシアの女王であり、エドワード王子の継母。女王の座を守るためには手段を選ばない。ジゼルとエドワード王子を結婚させないためにジゼルをアンダレーシアから追放する。

ナサニエル(Nathaniel):ティモシー・スポール(Timothy Spall)
ナリッサ女王の手下。表向きはエドワードの従者だが、心はナリッサ女王に通じている。ナリッサ女王の命令であらゆる手を使ってジゼルとエドワード王子を引き合わせないようにする。

ナンシー・トレメイン(Nancy Tremaine):イディナ・メンゼル(Idina Menzel)
ロバートの恋人。付き合って5年が経つ。野心的なキャリアウーマンであるが、ロマンチストな一面もあり、それを表に出すことができないでいる。

モーガン・フィリップ(Morgan Philip):レイチェル・コヴィー(Rachel Covey)
ロバートの6歳の娘。ロバートから夢や魔法は存在しないと教えられてきたため現実を見ている。しかし、実は夢や魔法が大好きなどこにでもいる6歳の少女である。

ピップ(Pip):ジェフ・ベネット(Jeff Bennett)/ケヴィン・リマ(Kevin Lima)
アンダレーシアに住むリス。ジゼルの親友。ジゼルを助けるために奮闘する。


概略

 『魔法にかけられて』ではアンダレーシアという魔法の国があるとされている。そしてそこには冷酷で意地悪な女王がいる。女王は義理の息子のエドワード王子がいつか結婚し、女王の座が奪われるのではないかと恐れ、運命の女性とエドワード王子が出会わないようにあらゆる邪魔をする。
 怪物に襲われたジゼルと彼女を助けたエドワード王子は恋に落ち、次の日に結婚をする約束をする。それを知った女王はジゼルを騙し、ジゼルを井戸の中へ突き落とす。
 井戸は現代のニューヨークに続く回路となっている。ニューヨークにたどり着き困惑していたジゼルは、帰宅途中であった弁護士のロバートと幼い娘のモーガンに助けられる。その頃、エドワード王子とリスのピップはジゼルを探すために井戸に入る。そしてジゼルとエドワード王子を出会わないようにするために女王の手下であるナサニエルも後を追う。
 ジゼルはロバートの家に泊めてもらうが、そこにロバートの婚約者であるナンシーが現れ、ジゼルとロバートの関係を誤解し、怒って帰ってしまう。ジゼルには関わりたくないと思ったロバートだが、危なっかしいジゼルを放っておくことはできない。
 ジゼルの居場所を知ったエドワード王子はロバートの家へ迎えに行く。ニューヨークではデートをしてお互いのことをよく知ってから結婚をすると知ったジゼルはエドワード王子に、アンダレーシアに戻る前にデートをしたいと話す。そしてジゼルとエドワード王子はその日開催される舞踏会へ行く。そんなとき、女王はジゼルとエドワード王子が再会したことを知り、自らニューヨークにやってくる。
 舞踏会に来たジゼルは女王に毒りんごを食べさせられ、意識がなくなる。これまで女王についてきたナサニエルだったが、彼女についていくことを恐ろしく感じる。そしてナサニエルは女王がジゼルに毒りんごを食べさせたことをエドワード王子や舞踏会にナンシーと来ていたロバートに教える。ジゼルが目を覚ますためには愛する人とキスをしなければならない。そこでエドワード王子はジゼルにキスをする。しかし彼女は目覚めない。エドワード王子はジゼルの愛する人がロバートではないかと思い、ロバートにキスをするように促す。そしてロバートがキスをするとジゼルは目覚める。愛を確かめ合ったジゼルとロバートはニューヨークで一緒に暮らすことになる。
 ナンシーとエドワード王子は婚約者が去って行ったことで悲しむが、ジゼルが舞踏会で落とした1足の靴がきっかけで2人は恋に落ちる。そしてナンシーとエドワード王子はアンダレーシアの世界に行き、結婚する。
[PR]
by mewspap | 2012-08-08 22:28 | 2012年度ゼミ


<< 『蠅の王』基本データ(普通電車... 『あの頃ペニー・レインと』基本... >>