『ミセス・ダウト』基本データ(べえる)

『ミセス・ダウト』( Mrs. Doubtfire,1993 ) 

 1993年に公開された『ミセス・ダウト』( Mrs. Doubtfire )は、アン・ファイン( Anne Fine )の小説( Madame Doubtfire )をクリス・コロンバス( Chris Columbus ) 監督、ロビン・ウィリアムズ( Robin Williams )主演で制作したコメディ映画である。

主要登場人物

ダニエル・ヒラード ( Daniel Hillard ) / ミセス・ダウトファイア ( Mrs. Euphegenia Doubtfire ):物語の主人公で、3児の父親。俳優・声優という職業に一応就いているが、自分の意見と合わなければすぐに仕事を投げ出してしまう。働くことよりも子供たちと遊ぶことが好きで、そのため妻のミランダに愛想を尽かされ、ついには離婚を申し渡されてしまう。別居を余儀なくされた後、子供に会いたい一心で女装をし、家政婦としてヒラード家に潜り込む。家政婦ダウトファイアとして子供たちと接する時には、優しいだけでなく、厳しくもしつけをする様になる。

ミランダ・ヒラード ( Miranda Hillard ):ダニエルの妻。インテリア・デザイナーであり、家計を支えるキャリアウーマンである。結婚当初はダニエルと仲が良かったが、いつまでも子供の様で、全く甲斐性のない夫に次第に嫌気がさしていく。離婚後は昔の恋人、ステューと交際を始める。家政婦募集時、家庭の事情を理解してくれるダウトファイアに好感を抱き、ダニエルと気づかずに雇い始める。

ステュワート・ダンマイア (Stuart "Stu" Dunmire ):ミランダの大学時代の恋人で、今の仕事仲間。ミランダの離婚後、再び交際を始める。ダニエルとは対照的な、やり手のビジネスマン。ミランダだけでなく子供たちからも懐かれているため、ヒラード家と交流する際には至る所でダウトファイア(ダニエル)から嫌がらせを受ける。

リディア・ヒラード ( Lydia Hillard ):長女。甲斐性のない父親が嫌いではないものの、もっとしっかりしてくれれば、といつも思っている。ダウトファイアには始め、不信感を抱いていたが、ダウトファイアの料理でミランダが笑顔を見せた事で改心し、打ち解ける。

クリストファー・ヒラード ( Christopher Hillard ):長男。自分と同じ目線になって遊んでくれる父親が好きである。ダウトファイアとはフットサルという共通の趣味で打ち解ける。

ナタリー・ヒラード ( Natalie Hillard ):末っ子。子供たちの中で一番初めにダウトファイアに懐いた。無邪気で人懐っこい性格。



あらすじ

 主人公ダニエル・ヒラード( Daniel Hillard )は、自らの子供と遊ぶことが何より好きな子煩悩の父親であるが、売れない声優をしていて収入は安定しない。 妻ミランダ( Miranda Hillard )がインテリア・デザイナーとして働き、家計を支えているが、子供たちと遊ぶことしか能がない夫にミランダは内心うんざりしている。
 ある日、ダニエルは仕事中に番組ディレクターと揉め、クビになってしまう。その上ミランダの留守中に、長男クリス( Christopher Hillard )の誕生日パーティを開いて馬鹿騒ぎをしたダニエルに、ついにミランダが愛想を尽かして離婚を宣言する。裁判で養育権を奪われて家を追い出され、週に一度しか子供たちと会う事ができなくなったダニエルは、どうにか子供たちに会わせて貰えないかとミランダに頼むが、ろくに取り合ってもらえない。
 そんな中、偶然ミランダが家政婦を募集していることを知ったダニエルは、メイクアップ・アーティストの兄フランク( "Uncle Frank" Hillard )の協力で初老の婦人に変装し、ミセス・ダウトファイア( Mrs. Euphegenia Doubtfire )と名前を偽ってヒラード家で働き出す。
[PR]
by mewspap | 2012-07-30 15:33 | 2012年度ゼミ


<< 『あの頃ペニー・レインと』基本... 『スターウォーズ』基本データ(... >>