まゆ

ミュージカル映画

目次
序論
第一章 ミュージカル映画
 第一節 単純なストーリー展開とハッピーエンド
 第二節 悲劇的なエンディング
第二章 今日のミュージカル映画
 第一節 人種問題
 第二節 性、ドラッグ
 第三節 学園もの
結論

参考文献

序論
 ミュージカル映画とは、音楽に合わせて登場人物が歌って踊り、それによって喜怒哀楽を表現するジャンルである。ミュージカル映画の大半は歌とダンスが占め、テンポよく物語が進んでいく。衣装や舞台セットも豪華で見る者を楽しませてくれるものが多い。そのためミュージカル映画は明るく楽しいというイメージがある。
 確かに、1950年代までのミュージカル映画では歌やダンスが重要視されていた。しかし、1961年に公開された『ウエスト・サイド物語』(West Side Story, 1961)をきっかけに、ミュージカル映画の傾向には変化が見られるようになってきている。『ウエスト・サイド物語』は、社会的問題を取り上げ、さらに主人公が最後に死んでしまう悲劇的なエンディングをみせている。このように、1950年代までには見られなかった新しいタイプのミュージカル映画を確立させたのである。これ以降、社会問題を取り上げるミュージカル映画が増え始め、ただ単に楽しませるだけのものではなくなってきている。
 本論では、1950年代までの単純なストーリー展開と、ハッピーエンドを特徴とするミュージカル映画から、『ウエスト・サイド物語』を転換点とする新しいタイプのミュージカル映画を論じる。
 第一章では、ストーリー展開が単純で、一様にハッピーエンドで終わる、1950年代までのミュージカル映画、また『ウエスト・サイド物語』の悲劇的なエンディングを論じる。
 第二章では、今日のミュージカル映画の中から、人種問題、性、ドラッグの社会問題を取り扱う作品、あるいはいじめを扱い、主人公や仲間たちがコンプレックスを乗り越えていく学園ものの作品を論じる。人権問題では『サウンド・オブ・ミュージック』(The Sound Of Music, 1965)、『ドリームガールズ』(Dreamgirls, 2006)、『ヘアスプレー』(Hairspray, 2007)の三作品、性やドラッグの問題については『レント』(Rent, 2005)、『マンマ・ミーア!』(Mamma Mia!, 2008)の二作品、そして最後に学園ものとして『ハイスクール・ミュージカル』(High School Musical, 2006)、『ヘアスプレー』(Hairspray, 2007)の二作品を取り上げて論じる。

結論
 本論ではミュージカル映画の単純なストーリー展開、転換点となった『ウエスト・サイド物語』を取り上げて悲劇的なエンディングと社会問題、今日のミュージカル映画を論じてきた。
 改めて『ウエスト・サイド物語』はミュージカル映画の転換点になったと言える。この作品以前のミュージカル映画には、死などの暗いイメージのものが存在していなかったように思える。『ウエスト・サイド物語』では三人の少年が死ぬ。三人のうちの一人は主人公、トニーである。主人公が死んでしまう、悲劇的なエンディングは画期的であった。これだけでも新しいものであったのに、アメリカの社会問題を扱うことでさらにミュージカル映画の歴史に強く印象つけた。
 ミュージカル映画は音楽、歌、ダンスで構成されているため、明るく楽しいイメージがある。そんなミュージカル映画であるが、『ウエスト・サイド物語』や『レント』のように移民問題や、ドラッグ、HIVなどを扱い、作品の内容は重いものが多い。


(1)West Side Story (1961, Home Entertainment)DVD: 20世紀 フォックス ホーム エンターテインメント ジャパン株式会社, 2004, chapter14. 以下、本作品からの引用はこのDVDからとし、本文中にチャプター番号を(WSS)で標記する。
(2)The Sound of Music(1965, Home Entertainment)DVD: 20世紀 フォックス ホーム エンターテインメント ジャパン株式会社,2001, chapter51.
(3)Dreamgirls(2006, Dream Warks)DVD: パラマウント ジャパン株式会社,2007,chapter4. 以下、本作品からの引用はこのDVDからとし、本文中チャプター番号を(D)で標記する。
(4)Hairspray (2007, New Line Cinema)DVD: アスミック,2007,chapter1. 以下、本作品からの引用はこのDVDからとし、本文中チャプター番号を(H)で標記する。
(5)Rent (2005, Sony Pictures)DVD: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント,2006, chapter9. 以下、本作品からの引用はこのDVDからとし、本文中チャプター番号を(R)で標記する。
(6)Mamma Mia! (2008, Universal)DVD: ジェネオン・ユニバーサル・エンターテインメント,2009, chapter1. 以下、本作品からの引用はこのDVDからとし、本文中チャプター番号を(MM)で標記する。
(7)High School Musical(2006, Walt Disney)DVD: ブエナ ビスタ ホーム エンターテインメント,2007, chapter3. 以下、本作品からの引用はこのDVDからとし、本文中チャプター番号を(HSM)で標記する。

参考文献
ザ・シネマ同人著、広岡裕児訳『映画の文法 分析と研究必須27項』(じゃこめ出版,1980),p.166,167.
[PR]
by mewspap | 2010-03-27 15:33 | 2009年度卒論


<< こーた やす >>